ブログ blog page

「毛利家系図(大江朝臣系図)」紹介!

2022-09-22 (Thu) 12:37
東行記念館常設企画展「高杉晋作をめぐる人々」にて展示中の「毛利家系図(大江朝臣系図)」です。

23














本資料は折本で、全長が280.5cmあります。表面には第51代平城天皇から毛利敬親の子どもまでの系図が記されています。鎌倉幕府で公文所別当(公文を取り扱う役所の長官)や政所別当(政務を執り行う所の長官)を務めた大江広元、戦国時代に中国地方や北九州の一部を支配した毛利元就、そして、高杉晋作が仕えた13代萩藩主の毛利敬親など、有名な人物の名前がいくつも見られます。

1







系図には、毛利敬親の名が「慶親」と記されています。一般的に知られている敬親ではなく、なぜ「慶親」なのでしょうか。系図上の「慶親」の履歴部分を読むと、「六月十八日家慶公賜慶字」と記載されています。天保8年(1837)6月18日、敬親は12代将軍徳川家慶から「慶」の字を賜り、「慶親」と改名しました。このような経緯があり、「慶親」と名乗ったのです。しかし、元治元年(1864)10月23日に官位が剥奪されると、再び敬親に戻しました。

4








系図の裏面には、毛利両川と称された吉川家・小早川家や支藩、そして、宍戸家・福原家などの系図が記されています。上部の写真からは、元就の四男元清(本資料には、誤って八男と記載されている)から長府藩・清末藩に分かれる変遷が読み取れます
この記事を表示

特別展開幕&資料紹介(1)

2022-09-21 (Wed) 15:49
9月16日より、特別展「戊辰戦争―長府藩報国隊の軌跡」が開幕しました。会期中、ブログでは特別展の中から注目資料を紹介していきます。今回は「盟約書」です。  こちらは、元治元年(18...
記事全文を読む

特別展「歌を詠む武士(もののふ)」閉幕しました。

2022-09-12 (Mon) 14:35
歴史博物館特別展「歌を詠む武士(もののふ)」、昨日で閉幕となりました。ご観覧いただいたみなさまありがとうございました。本日から企画展示室は展示替えに入り、常設展示のみとなります。次回、特別展「戊辰戦争...
記事全文を読む

毛利元就の和歌修行

2022-09-03 (Sat) 13:38
今回は、現在開催中の特別展「歌を詠む武士」から、戦国大名毛利元就と和歌に関するエピソードをご紹介します。 戦国時代に毛利家の当主となった元就は、安芸国の小領主だった毛利家を、西国を代表する大...
記事全文を読む

大内氏と和歌

2022-08-31 (Wed) 10:53
今回は、現在開催中の特別展「歌を詠む武士」から、大内氏と和歌に関するエピソードをご紹介します。 周防国山口を本拠として西国に覇を唱えた大内氏は、文化面における事績が豊富な大名として知られてい...
記事全文を読む

神へ捧げる和歌

2022-08-21 (Sun) 14:56
今回は、現在開催中の特別展「歌を詠む武士」で展示している重要文化財「豊浦宮法楽和歌」(忌宮神社蔵)に関するエピソードをご紹介します。 建武3年(1336)4月、京都周辺での戦いに敗れ、九州で...
記事全文を読む

源頼朝と和歌

2022-07-24 (Sun) 15:43
今回のブログでは、現在開催中の特別展「歌を詠む武士」に関連して、武士と歌に関するエピソードをご紹介します。 本日取り上げるのは、源頼朝の和歌についてのエピソードです。 源頼朝といえ...
記事全文を読む

和歌のもつチカラ

2022-07-18 (Mon) 15:22
今回は、現在開催中の特別展「歌を詠む武士」にあわせて、和歌に関するこぼれ話をご紹介します。平安時代、初の勅撰和歌集(天皇の命で編さんされた和歌集)として成立した『古今和歌集』には、仮名書の序文がありま...
記事全文を読む

特別展「歌を詠む武士(もののふ)」開幕!

2022-07-15 (Fri) 13:06
本日から、特別展「歌を詠む武士(もののふ)」がスタートしました。今回の展示では、歌にまつわるさまざまなエピソードを交えながら、和歌・連歌と武士たちの関係をご紹介します。大内氏家臣の和歌短冊など、下関初...
記事全文を読む

企画展「サムライの装い―下関ゆかりの武具―」閉幕

2022-07-11 (Mon) 13:09
歴史博物館企画展「サムライの装い」、昨日で閉幕となりました。ご観覧いただいたみなさまありがとうございました。本日から企画展示室は展示替えに入り、常設展示のみとなります。企画展「サムライの装い」パンフレ...
記事全文を読む
<前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次>

Contents menu

RSS Category

下関市立歴史博物館専用アプリ

下関市立歴史博物館公式アプリ(無料)
ページ最上部へ