ブログ blog page

特別展「花凛々と―下関ゆかりの女性たち―」資料紹介

2023-08-09 (Wed) 11:14
開催中の特別展「花凛々と―下関ゆかりの女性たち―」より、注目資料をご紹介します。

鏡台2 


こちらは、長府藩中扈従であった丸山家に伝わった鏡台と柄鏡です。
鏡台は、化粧道具などを収納する引き出し付きの箱の上に、鏡を置く柱をたてる構造になっており、室町時代に用いられるようになったと言われています。婚礼の調度品のひとつとしても重用されるようになり、漆工技術を駆使した華やかな鏡台も多く造られました。
また、円形の鏡に柄を設けた柄鏡は、室町時代の終わり頃から製作されるようになり、江戸時代には武士だけでなく庶民の生活の調度品として定着していました。

清末鏡


特別展では、清末毛利家で用いられた柄鏡も展示しています。こちらは、背面に縁起の良い南天の図柄と、清末毛利家の紋章である沢瀉が施されています。
本資料の様に、江戸時代の柄鏡には、背面に動植物や風景など様々な文様が施されたものが多くあります。
 
江戸時代の女性たちも、華やかな鏡台やお気に入りの鏡で、日々の身支度を楽しんでいたのではないでしょうか?
特別展では、他にも女性たちが用いた道具類を展示しておりますので、ぜひご覧ください!
この記事を表示

特別展「花凛々と―下関ゆかりの女性たち―」開幕

2023-08-04 (Fri) 14:53
8月4日(金)より、特別展「花凛々と―下関ゆかりの女性たち―」が開幕しました。 本展は、江戸時代の下関にゆかりのある女性たちに関連する資料を展示し、彼女たちの多様な生き方を紹介するものです。...
記事全文を読む

特別展がはじまります!

2023-08-02 (Wed) 16:03
みなさま〜企画展「GoTo下関ー観光都市下関のルーツをたどる」が7月30日で閉幕となりました。多くの方にご来館いただき、ありがとうございました。さて、8月4日より特別展「花凛々とー下関ゆかりの女性たち...
記事全文を読む

下関の名産品

2023-07-22 (Sat) 16:41
現在の企画展に関連して、旅や下関の名所旧跡についてご紹介する連載記事ですが、第7回目は少し視点を変えて、名所旧跡とならび、当地の魅力の一翼を担っていた下関の名産品についてご紹介します。 古く...
記事全文を読む

近代の旅

2023-07-16 (Sun) 14:00
現在の企画展に関連して、旅や下関の名所旧跡についてご紹介する連載記事ですが、第6回目は、近代、つまり明治時代以降の旅についてご紹介します。 激動の幕末を経て明治時代が到来すると、社会構造や産...
記事全文を読む

近世の旅

2023-07-08 (Sat) 13:05
現在の企画展に関連して、旅や下関の名所旧跡についてご紹介する連載記事ですが、第5回目は、近世、つまり江戸時代の旅についてご紹介します。 第4回の記事でふれたように、織田信長や豊臣秀吉は、商業...
記事全文を読む

中世下関の名所

2023-07-01 (Sat) 09:52
現在の企画展に関連して、旅や下関の名所旧跡についてご紹介する連載記事ですが、第4回目は、中世の下関の名所についてご紹介します。 以前にこのブログでふれた南北朝時代の武将今川了俊は、室町将軍の...
記事全文を読む

中世の旅

2023-06-24 (Sat) 14:22
現在の企画展に関連して、旅や下関の名所旧跡についてご紹介する連載記事ですが、第3回目は、中世の旅についてご紹介します。 交通路の未整備をはじめ、何かと旅人に困難が多かった古代に比べ、中世にな...
記事全文を読む

古代の旅の記録

2023-06-17 (Sat) 09:18
現在の企画展に関連して、旅や下関の名所旧跡についてご紹介する連載記事ですが、第2回目は、古代の旅の記録についてご紹介します。 前回の記事でも少しふれましたが、古代の旅の様子を記したものに、『...
記事全文を読む

古代の旅

2023-06-04 (Sun) 10:02
今回から、現在開催中の企画展に関連して、旅の歴史や下関の名所旧跡・名産品などについて、簡単にご紹介していきたいと思います。 第1回目は、古代の旅についてご紹介します。 古代の旅は、...
記事全文を読む
<前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次>

Contents menu

RSS Category

博物館資料の特別観覧について

​学術研究および地域学習などに資するため、博物館資料の特別閲覧等のサービスを行っています。画像等の貸出・掲載、収蔵品の撮影・熟覧等に際しては、事前に観覧日の予約および特別観覧の申請が必要になりますので、博物館までご連絡ください。なお、特別観覧には別途料金が必要になります。区分特別観覧料(1­件につき)熟覧1­日2­1­0­円模写、模造等1­日1­,0­4­0­円撮影等モノクローム学術研究を目的とする場合1­回1­5­0­円出版等収益を伴う場合1­回1­,5­7­0­円カラー学術研究を目的とする場合1­回3­1­0­円出版等収益を伴う場合1­回3­,1­7­0­円複製1­回2­2­0­,0­0­0­円備考1.「1日」とは、博物館に入館して退館するまでとなります。2.「1回」とは、.­.­.­
ページ最上部へ