ブログ blog page

串崎城―長府に築かれた幻の城(2)

2021-05-26 (Wed) 17:30
今回の目玉資料の1つ「桐沢潟紋長櫃」
櫃1
毛利秀元が長府にやってきた際に持参したといわれるものです
いたるところに散りばめられている桐紋と沢潟紋に注目!
長櫃の側面にあしらわれている大きな紋が目立ちますが、よーく見るとあんなところにも、こんなところにも、
櫃2
贅沢!
 
そして蓋の裏には、幕末から明治に活躍した長府出身の金工職人藤島常興の覚書が張り付けられています。
櫃3
藤島は、明治6年(1873)にウィーン万国博覧会に自作の測量器を出品して有功賞牌を受賞した人物です。
この長櫃は、明治時代に東京において、藤島による修理が施されたようです。藩祖ゆかりの品として大切に守り伝えられていたということが分かります。
 
展示ケースには入らない大きさなので、なかなか展示する機会がない資料です。
開館した際には、ぜひ見ていただきたいです!
この記事を表示

7月歴史講座のご案内

2021-05-22 (Sat) 17:02
7月に開催する歴史講座「殿様のかかりつけ医―なぞの医師菅玄的と長府藩主毛利綱元」のご案内です。菅玄的という医師を題材に、江戸時代の医師の身分や医療活動の実態をご紹介します。実は分からないことが多い江戸...
記事全文を読む

串崎城―長府に築かれた幻の城(1)

2021-05-22 (Sat) 10:54
開幕が延期となった企画展「串崎城―長府に築かれた幻の城」ですが、開館したときに備えて会場の準備は万全に整っております。なお、展示の内容をまとめたパンフレットは、郵送での販売を開始しております。注目資料...
記事全文を読む

臨時休館のお知らせ

2021-05-19 (Wed) 09:24
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、下関市立歴史博物館・下関市立東行記念館・日清講和記念館は、令和3年5月21日から令和3年5月31日まで、臨時休館いたします。なお、予約受付を行った「串崎城現地探...
記事全文を読む

特別展 海峡に魅せられた幕末の英傑【最終日】

2021-05-16 (Sun) 09:30
下関市立歴史博物館です。ついに特別展の最終日となりました。締めくくりでご紹介するのは京都国立博物館さん。 京都国立博物館さんは、おもに平安時代から江戸時代にかけての京都の文化を中心とした文化...
記事全文を読む

東行記念館「高杉晋作、逆境に挑む」関連講座資料販売

2021-05-15 (Sat) 15:30
こんにちは!東行記念館です。現在開催中の常設企画展「高杉晋作、逆境に挑む」の関連講座「高杉晋作の覚悟」が本日無事終了しました。このような大変な状況下ですが、お越しくださった皆様、本当にありがとうござい...
記事全文を読む

県外からの来館の自粛について

2021-05-10 (Mon) 16:00
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、下関市立歴史博物館・下関市立東行記念館・日清講和記念館においては、令和3年5月12日から当分の間、県外からの来館の自粛をお願いすることとなりました。県外の皆様に...
記事全文を読む

東行記念館「高杉晋作、逆境に挑む」イチオシ資料紹介!(5)

2021-05-05 (Wed) 10:06
皆様こんにちは!東行記念館です!ゴールデンウイークの特別企画でのイチオシ資料紹介は本日で最後の更新となります。皆様お楽しみいただけたでしょうか?本日分もぜひご一読ください! 本日ご紹介するの...
記事全文を読む

東行記念館「高杉晋作、逆境に挑む」イチオシ資料紹介!(4)

2021-05-04 (Tue) 10:03
皆様こんにちは!東行記念館です!イチオシ資料紹介、楽しんでいただけていますでしょうか?本日ご紹介するのは、「久坂玄瑞和歌書」です。先日に引き続き、連携展示・下関市立歴史博物館特別展「海峡に魅せられた幕...
記事全文を読む

東行記念館「高杉晋作、逆境に挑む」イチオシ資料紹介!3-2

2021-05-03 (Mon) 09:55
前回、下関戦争後に下関で高杉晋作と大村益次郎が共に戦後処理等に従事していたというお話をご紹介しました。今回はそんな2人の交流の足跡をご紹介します! 大村益次郎肖像写真(国立国会図書館ウェブサ...
記事全文を読む
<前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次>

Contents menu

RSS Category

情報検索サービス(下関市立歴...

​博物館が収蔵する資料の情報を検索することができます。また、市内各施設の情報、イベント、見所などの基本情報を閲覧することもできます。地域学習やまち歩きにご利用ください。なお、館内のみの利用となるため、閲覧できるパソコンに限りがありますので、譲り合ってご利用ください。
ページ最上部へ