ブログ blog page

「誠之 三吉慎蔵―幕末・明治を生きたサムライ」紹介(14)

2021-12-20 (Mon) 17:35
三吉慎蔵の特別展の会期も、残り僅か(12月26日まで)となりました。
資料紹介も今回が最終回。最後は、慎蔵の人となりとその功績を、短文にして見事にまとめた林洋三の悼辞です。
 
洋三は、沈勇寡黙にして堅忍不抜の慎蔵を、孫子の云う「不動若山(うごかざることやまのごとし)」の「山」に例えながら、その功労を称え、末尾に「長洲之山」と締めくくっています。日々努力を積み重ね、数々の試練を乗り越えた慎蔵は、周囲の者たちにとって、どっしりと構えて何事にも動じない、山のような存在だったのでしょう。
 
ちなみに、林洋三は、慎蔵より一つ年下の天保3年(1832)生まれ。藩政時代は側儒(藩主側に仕える儒者)を務め、元治元年(1864)には、功山寺で決起した高杉晋作の馬前に立ちはだかり、長府藩領の通過を阻んだという話も残っています。
維新後は、長府毛利家の家史編纂、また、明治19年(1886)からは、豊浦小学校の校長(初代)を務めました。
 
※最後までお付き合いいただき、有難うございました。
saigo
この記事を表示

「誠之 三吉慎蔵―幕末・明治を生きたサムライ」紹介(13)

2021-12-16 (Thu) 08:02
明治34年2月16日、慎蔵危篤の報せを受けた毛利元敏は、深夜にもかかわらず、慎蔵のもとに駆け付けました。慎蔵が息を引き取ったのは、それから間もない午前1時30分のこと。享年71歳(満70歳)でした。葬...
記事全文を読む

東行記念館「アートでみる幕末維新―奇兵隊の駆けた時代」(5)

2021-12-14 (Tue) 08:52
皆様こんにちは!東行記念館です。 常設企画展「アートでみる幕末維新―奇兵隊の駆けた時代」の最後のイチオシ資料紹介となります。会期は12月19日(日)までです!まだ間に合うのでお見逃しなく!&...
記事全文を読む

「誠之 三吉慎蔵―幕末・明治を生きたサムライ」紹介(12)

2021-12-13 (Mon) 09:34
近年、周りに迷惑をかけずに人生を終わるための準備「終活」をされる人が、少なくないようです。「終活」という言葉は、近年使われ始めたものですが、それ自体は新しいことではなく、今回初公開となる「死去始末」で...
記事全文を読む

「誠之 三吉慎蔵―幕末・明治を生きたサムライ」紹介(11)

2021-12-11 (Sat) 13:02
慎蔵は「遺物品附」として、お世話になった人々への形見分けを記しました。毛利元敏には朱檀机、毛利保子には朱檀の茶棚。続いて硯(15人)、衣服(2人)、金子(1人)を贈る相手の名前が記されています。硯は必...
記事全文を読む

「誠之 三吉慎蔵―幕末・明治を生きたサムライ」紹介(10)

2021-12-09 (Thu) 13:30
三吉慎蔵の遺言書の一つ「家事要件」。その「保護物」の項には、当時三吉家にあった9振りの刀(鎗、長刀を除く)が記されています。このうち現存するのは、寺田屋事件の際に慎蔵が帯びていた大小と、慎蔵の孫梅子(...
記事全文を読む

「誠之 三吉慎蔵―幕末・明治を生きたサムライ」資料紹介(9)

2021-12-07 (Tue) 13:08
慎蔵が、病床に伏したときに贈られたお見舞い品について、日記を紐解いてみました。在京中の明治16年(1883)9月、寒気を覚えた慎蔵は、約2週間の休暇を取得。この間に、交肴、鶏、葡萄、菓子、カステーラ、...
記事全文を読む

「誠之 三吉慎蔵―幕末・明治を生きたサムライ」資料紹介(8)

2021-12-05 (Sun) 09:20
明治23年(1890)5月28日に催された「旧友会」で、三條実美が詠んだもの。慎蔵は、5月21日に東京を離れて帰郷していたため、旧友会へは参加しておらず、のちに贈られたものでしょうか。 「明...
記事全文を読む

「誠之 三吉慎蔵―幕末・明治を生きたサムライ」資料紹介(7)

2021-12-02 (Thu) 13:00
明治22年(1889)11月21日から27日にかけて、慎蔵夫妻は欽麗院(長府藩12代藩主毛利元運の正室)の付き添いとして、熱海温泉を訪ねました。齢72となった欽麗院の湯治が目的だったようです。この間、...
記事全文を読む

「誠之 三吉慎蔵―幕末・明治を生きたサムライ」資料紹介(6)

2021-11-29 (Mon) 17:13
明治18年(1885)9月19日から10日間、東京根津八重垣町(文京区根津一丁目)の貸座敷茶屋において、曲独楽師の竹沢藤治(3代目)の興行が、木戸銭(見物料)無料で催されました。竹沢は、江戸時代から続...
記事全文を読む
<前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次>

Contents menu

RSS Category

下関市立歴史博物館専用アプリ

下関市立歴史博物館公式アプリ(無料)
ページ最上部へ