ブログ blog page

企画展「長府毛利家遺品―下関に託された至宝―」資料紹介10

2023-01-27 (Fri) 16:27
企画展「長府毛利家遺品―下関に託された至宝―」資料紹介。
系図1
こちらは「長府毛利家系図」。平城天皇に始まり、近代にいたるまでの長府毛利家の系図です。全長は約20メートルにもおよび、普段はきらびやかな蒔絵の箱に収められています。
展示しているのは、戦国大名毛利元就とその子供たち、さらには初代長府藩主毛利秀元らの部分です。長府毛利家の系図なので、秀元とその実父である毛利元清の記述が充実しています。
系図2

系図3
また、この系図は、秀元の扱いが萩毛利家の系図と異なる点にも特徴があります。萩毛利家は初代萩藩主毛利秀就が毛利輝元の跡を継いだとしていますが、長府毛利家は輝元の跡を継いだ秀元が秀就に家督を譲ったと主張していました。そのため、「輝元→秀元→秀就」の形で記されています。
この認識の違いは、両家の懸案として長く尾を引くこととなります。しばしば両家対立の火種になり、明治時代になっても秀元の立場について協議の場がもたれることがありました。
系図4
長府毛利家の歴史とその想いが刻み込まれた系図をぜひご覧ください!
この記事を表示

企画展「長府毛利家遺品―下関に託された至宝―」資料紹介9

2023-01-21 (Sat) 09:05
企画展「長府毛利家遺品―下関に託された至宝―」資料紹介。こちらは後期から展示している「毛利秀元画像狩野探幽筆」です。秀元死去の翌年、2代長府藩主毛利光広の命によって制作されました。画像は江戸初期を代表...
記事全文を読む

企画展「長府毛利家遺品―下関に託された至宝―」資料紹介8

2023-01-06 (Fri) 13:35
初代長府藩主毛利秀元は、若い頃、豊臣秀吉から大きな期待をかけられていました。そのため、長府毛利家遺品のなかには、秀吉ゆかりの資料も多く含まれています。 企画展「長府毛利家遺品―下関に託された...
記事全文を読む

あけましておめでとうございます

2023-01-05 (Thu) 09:24
新年明けましておめでとうございます。下関市立歴史博物館、下関市立東行記念館は本日より開館しております。皆様にお楽しみいただけるよう頑張っていきます!どうか、今年もよろしくお願いいたします。
この記事を表示

今年もお世話になりました

2022-12-28 (Wed) 14:12
昨日が年内最後の開館でした。みなさま、今年もお世話になりました。来年もどんどん情報発信していきますので、よろしくお願いいたします。来年の開館は1月5日からとなります。
この記事を表示

企画展「長府毛利家遺品―下関に託された至宝―」資料紹介7

2022-12-25 (Sun) 09:47
企画展「長府毛利家遺品―下関に託された至宝―」資料紹介。こちらは、「梨子地菊桐紋散蒔絵鞍・鐙」(写真は特別記念図録「長府毛利家遺品」より)。宮松丸(毛利秀元)が元服(成人の儀式)する際、後陽成天皇から...
記事全文を読む

企画展「長府毛利家遺品―下関に託された至宝―」資料紹介6

2022-12-17 (Sat) 09:22
企画展「長府毛利家遺品―下関に託された至宝―」資料紹介。初代長府藩主毛利秀元が、後継者である2男の毛利光広に送った覚書です。主君としての心得や、日頃の振舞いなどに関する教訓を18ヶ条にわたって示してい...
記事全文を読む

企画展「長府毛利家遺品―下関に託された至宝―」資料紹介5

2022-12-10 (Sat) 09:35
頭にウサギの耳のようなものを生やして、どんぐり眼で宙を見つめる生き物。ここ最近人気が高まり、巷を騒がせているあの方の作品です。「徳川家光筆梟図」作者は、江戸幕府3代将軍徳川家光。絵が収められている木箱...
記事全文を読む

企画展「長府毛利家遺品―下関に託された至宝―」資料紹介4

2022-12-04 (Sun) 09:56
企画展「長府毛利家遺品―下関に託された至宝―」資料紹介。こちらは、永禄6年(1563)閏12月、毛利元就の3男である小早川隆景が、安芸国興禅寺の住持策雲玄龍に送った書状です。 この年の8月4...
記事全文を読む

企画展「長府毛利家遺品―下関に託された至宝―」資料紹介3

2022-11-26 (Sat) 10:22
企画展「長府毛利家遺品―下関に託された至宝―」では、毛利元就書状を11通展示しています(前後期合わせて)。その多くは、四男の毛利元清に送ったものです。こちらの元就書状(出品資料目録15-5毛利元就書状...
記事全文を読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次>

Contents menu

RSS Category

購入方法

図録等刊行物、講座テキスト及びミュージアムグッズの郵送販売を承っております。なお、ミュージアムグッズのページはこちらです。下記の申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、購入刊行物の合計金額分の定額小為替もしくは現金書留とともに下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいた刊行物等は、原則送料着払いで送付いたします。なお、発送方法については、レターパックまたは定形外郵便での対応も可能です。ご希望の方は、必ず事前にご相談ください。(送料分の切手やレターパックを送っていただく必要があります。)※下記の申込書をダウンロードしてください。(1­)図録刊行物購入申込書(p­d­f­)(2­)図録刊行物購入申込書(.­.­.­
ページ最上部へ