ブログ blog page

山縣有朋没後百年記念常設企画展「高杉晋作と山縣有朋」

2022-03-24 (Thu) 11:37
みなさま!東行記念館です。
3月23日より山縣有朋没後百年記念常設企画展「高杉晋作と山縣有朋」を開催しております。

今回の展示では高杉と山縣の交流や、2人にとってゆかりのある下関について紹介します。

HPやSNSでも展示の見どころなどをお伝えしますのでお楽しみに!

chi1chi2
この記事を表示

企画展がはじまりますっ

2022-03-10 (Thu) 17:19
3月11日より企画展「武者の世のはじまり-鎌倉時代の下関」が開催となります!みなさまのご来館をお待ちしております!ブログやSNSで見どころの紹介をしていきますので、そちらもご期待下さい!
この記事を表示

企画展「殿様アート」終了

2022-03-07 (Mon) 07:58
3月6日をもちまして企画展「殿様アート」が終了しました。たくさんのご来館ありがとうございました。パンフレットは引き続き販売いたしますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。
この記事を表示

企画展「殿様アート」8

2022-02-27 (Sun) 13:02
企画展「殿様アート」資料紹介です。殿様が描く絵の画題として多いのが鳥です。鳥は長寿や繁栄のシンボルなどとしてとても好まれたようです。そして鳥の中でも特によく描かれたのが鶏。今回の企画展には、2代清末藩...
記事全文を読む

「法灯の守り人たち― 梅処・梅仙・玉仙 ―」資料紹介

2022-02-23 (Wed) 11:04
東行記念館では令和4年3月21日(月・祝)まで、常設企画展「法灯の守り人たち―梅処・梅仙・玉仙―」を開催しています。今回は、展示中の資料から「井上馨二行書」を紹介します。井上馨が二代目東行庵庵主谷梅仙...
記事全文を読む

企画展「殿様アート」7

2022-02-19 (Sat) 10:29
企画展「殿様アート」資料紹介です。こちらは5代長府藩主毛利元矩の作品です。「秋の田のかりほの庵のとま(苫)をあらみわかころもて(衣手)ハつゆ(露)にぬれつゝ」秋の田んぼで泊まり込みの番をする百姓の姿が...
記事全文を読む

企画展「殿様アート」6

2022-02-13 (Sun) 09:10
企画展「殿様アート」資料紹介です。こちらは7代長府藩主毛利師就の書です。堪忍!あふれんばかりの力を込めた迫力ある筆跡!本展の作品のなかでもとくに主張が激しい1品です。堪忍とは、・がまんすること・怒りを...
記事全文を読む

企画展「殿様アート」5

2022-02-05 (Sat) 17:42
企画展「殿様アート」資料紹介です。「むれたつは八雲立かと見ゆるかな神代の姿〔鶴〕に問はや」こちらは11代長府藩主毛利元義の作品です。注目はなんといっても歌のなかに絵文字として描かれた鶴!絵文字を華麗に...
記事全文を読む

教育・学校関係者をかたる「なりすましメール」にご注意ください

2022-02-04 (Fri) 15:17
現在、県下におきまして、教育・学校関係者をかたる内容で関係者に不審メールが送信されている事案が発生しております。差出人や件名を見ると、教育・学校関係者から送信されたメールに見えますが、実際は無関係の第...
記事全文を読む

企画展「殿様アート」4

2022-01-29 (Sat) 13:56
企画展「殿様アート」出品資料のご紹介。こちらは14代長府藩主だった毛利元敏の作品。先が渦を巻いている形はわらびにみえます。しかし、簡単な絵なので、もしかするとよく似たぜんまいを描いたものかもしれません...
記事全文を読む

Contents menu

RSS Category

博物館資料の特別観覧について

​学術研究および地域学習などに資するため、博物館資料の特別閲覧等のサービスを行っています。画像等の貸出・掲載、収蔵品の撮影・熟覧等に際しては、事前に観覧日の予約および特別観覧の申請が必要になりますので、博物館までご連絡ください。なお、特別観覧には別途料金が必要になります。区分特別観覧料(1­件につき)熟覧1­日2­1­0­円模写、模造等1­日1­,0­4­0­円撮影等モノクローム学術研究を目的とする場合1­回1­5­0­円出版等収益を伴う場合1­回1­,5­7­0­円カラー学術研究を目的とする場合1­回3­1­0­円出版等収益を伴う場合1­回3­,1­7­0­円複製1­回2­2­0­,0­0­0­円備考1.「1日」とは、博物館に入館して退館するまでとなります。2.「1回」とは、.­.­.­
ページ最上部へ