展示情報 展示内容のご案内

展示前室

令和4年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示・企画展示
展示名称 期間
企画展 武者の世のはじまり―鎌倉時代の下関― 令和4年3月11日(金)~5月8日(日)
企画展 サムライの装い―下関ゆかりの武具― 令和4年5月13日(金)~7月10日(日)
特別展 歌を詠む武士(もののふ) 令和4年7月15日(金)~9月11日(日)
特別展 戊辰戦争―長府藩報国隊士の軌跡― 令和4年9月16日(金)~11月13日(日)
長府毛利家遺品公有化・毛利秀元長府入部420年記念企画展
長府毛利家遺品―下関に託された至宝―
令和4年11月18日(金)~令和5年1月29日(日)
(12月28日~1月4日休館)
企画展 英雄の素顔―武将たちの虚像と実像― 令和5年2月3日(金)~4月2日(日)
※企画展示・特別展示のスケジュールについては、下関市立歴史博物館・下関市立東行記念館年間スケジュール2022をダウンロードしてください。
※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

現在開催中の展示

企画展「サムライの装い―下関ゆかりの武具―」

サムライチラシ表サムライチラシ裏
<会期>
令和4年5月13日(金)~7月10日(日)
 
<内容>
己の生死を賭けて戦陣に立った武士たち。彼らが用いた刀剣や甲冑などの武具は、実戦のなかで機能的に進化していきました。江戸時代に入り戦乱がやむと、武具には主に権力や武威の象徴としての役割が求められます。いつの時代においても武具には、当時の技術力の粋が集められました。
下関市域には、この地の職人たちが作り上げた武具や、長府毛利家・清末毛利家ゆかりの武具などが伝えられています。本展覧会では、それらの武具を紹介します。下関ゆかりの武具を通じて、それぞれの時代の武のカタチに触れていただければ幸いです。
チラシのダウンロードはこちら
 
<見どころ>
★「鉄錆地五十八間筋兜」(住吉神社蔵)
初代長府藩主毛利秀元所用の兜。藩祖ゆかりの武具として長府毛利家に伝えられ、住吉神社に奉納されたものです。
 
★「青地一文字三星五七桐沢潟菫紋散直垂」(下関市立歴史博物館蔵)
12代長府藩主毛利元運・13代長府藩主毛利元周所用の直垂。長府毛利家の家紋が散りばめられています。また、この直垂を着用した元周の画像も遺されています。
 
★「鉄錆地六十四間筋兜 紫糸威二枚胴具足」(下関市立歴史博物館蔵)
長府毛利家伝来の甲冑。前立などに同家の家紋である五七桐があしらわれています。また、軽量化のために、所々に鉄ではなく革が使用されています。
 
<出品資料>
出品資料の目録はこちら
 
<展示パンフレットの販売>
出品資料の図版や解説、コラムなどを掲載したパンフレットを販売します。
ご購入はこちら。図録刊行物購入申込書にてお申込みください。
パンフ表紙
 
<会期中のイベント>
展示解説会
6月4日(土)・6月12日(日)・6月19日(日)・6月22日(水)・6月25日(土)
各日13時30分~14時10分
担当:当館学芸員 松田和也
※予約不要。
※内容はいずれも同じです。
※参加人数が多い場合、複数回に分けて実施する場合があります。
 
<休館日>
毎週月曜日
 
<観覧料>
一般:210円(160円) 大学生等:100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金
※下関市内に居住する65歳以上の方は観覧料100円
※18歳以下の方、障害者手帳をお持ちの方は観覧料無料

次回企画展示

準備中

RSS Category

購入方法

ミュージアムグッズの郵送販売を承っております。下記の申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、ミュージアムグッズの合計金額分の定額小為替もしくは現金書留とともに、下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいたミュージアムグッズは、原則送料着払いで送付いたします。なお、発送方法については、レターパックまたは定形外郵便での対応も可能です。ご希望の方は、必ず事前にご相談ください。(送料分の切手やレターパックを送っていただく必要があります。)※下記の申込書をダウンロードしてください。(1­)ミュージアムグッズ購入申込書(p­d­f­)(2­)ミュージアムグッズ購入申込書(x­l­s­x­)問い合わせ先・申込先〒7­5­2­-­.­.­.­
ページ最上部へ