展示情報 展示内容のご案内

展示前室

令和3年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示・企画展示
展示名称 期間
特別展 海峡に魅せられた幕末の英傑 令和3年3月19日~5月16日
【前期】3月19日~4月18日
【後期】4月20日~5月16日
企画展 串崎城ー長府に築かれた幻の城 令和3年5月21日~7月11日
企画展 戦争・疫病・災害~困難を乗り越えた人々 令和3年7月16日~9月12日
特別展 毛利VS大友ー海峡の戦国史 第2章 令和3年9月17日~11月7日
特別展 誠之 三吉慎蔵~幕末・明治を生きたサムライ 令和3年11月12日~12月26日
企画展 殿様アート 令和4年1月7日~3月6日
企画展 武者の世の始まりー鎌倉時代の下関 令和4年3月11日~5月8日
※企画展示・特別展示のスケジュールについては、下関市立歴史博物館年間スケジュール2021をダウンロードしてください。
※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

現在開催中の展示

三吉慎蔵没後120年記念特別展「誠之 三吉慎蔵―幕末・明治を生きたサムライ」

三吉 表 三吉 裏
























三吉慎蔵は、坂本龍馬の親友として知られる人物です。
藩政時代は、長府藩士として藩主の信任厚く、要職を歴任。時に特命を受けて、動乱の渦中に身を置くこともありました。慶応2年(1866)1月に、伏見の寺田屋で幕吏の襲撃を受け、龍馬とともに窮地を脱した事件は、現在でも書籍や映像など、様々な形で紹介されています。
維新後は、長府毛利家に家扶として仕えていましたが、明治政府の要請で宮内省に出仕。退職後は再び長府毛利家に仕え、亡くなる直前まで同家繁栄のために心血を注ぎました。
本展は、「誠」を貫き、多くの人々から厚い信頼を寄せられた三吉慎蔵の生涯を、資料によって跡づけるものです。長府に生まれ、変革の時代を生きた一人の侍(サムライ)の生き様に迫る機会としていただければ幸いです。 


<会 期>
 令和3年(2021年)11月12日(金)から
 令和3年(2021年)12月26日(日)まで

<休館日>
 毎週月曜日
 
 
< 観覧料>
 大 人 400円(320円) 大学生  200円(160円)
 ※( )内は20名以上の団体料金
    ※下関市内在住の65歳以上の方は200円
 ※18歳以下、障害者手帳をお持ちの方、高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学の生徒は無料

<関連講座>
 (1)三吉慎蔵の生涯 幕末編
 (日にち) 11月24日(水)、11月27日(土)
 (講 師)下関市立歴史博物館 学芸員 稲益あゆみ
 (2)三吉慎蔵の生涯 明治編
 (日にち) 12月 8日(水)、12月11日(土)
 (講 師)下関市立歴史博物館 学芸員 稲益あゆみ
 (3)三吉慎蔵の生涯 特殊任務編
 (日にち) 12月15日(水)、12月18日(土)
 (講 師)下関市立歴史博物館 館長 古城春樹
 (1)~(3)共通
 (時 間)午前の部(10:30~11:30)
      午後の部(13:30~14:30)
   (場 所)下関市立歴史博物館ガイダンス交流室
   (料 金)参加料300円
   (定 員)各回20名(予約制、先着順)
   (予 約)・歴史博物館へ電話または博物館受付にて申込み
                   ・11月3日(水)9:30受付開始

次回企画展示

企画展「殿様アート」

殿様 表殿様 裏























江戸時代の殿様は、その嗜みとして多彩な文芸活動にも励みました。
長府・清末両藩主の多くも多彩な文芸活動にいそしみ、雅なものから俗なものまでさまざまな作品が生み出されました。そこからは、武人や為政者としての藩主とは一味違う一面を垣間見ることができます。
また、藩主の活動は周囲を巻き込み、新たな文化を生み出す力にもなりました。
本展覧会では長府・清末両藩主の文芸作品などをご紹介します。彼らが作り上げた作品や文化を通じて、江戸時代に花開いたアートな世界をお楽しみください。
チラシのダウンロードはこちらから
 
<見どころ>
★歴代長府藩主そろい踏み!「歴世遺墨」
歴代長府藩主14人の作品が集められたもの。すべてを広げると約10mにもなります。個性あふれるそれぞれの作品にご注目ください!
 
★人気沸騰!今話題のかわいいあの絵!「徳川家光筆 梟図」
江戸幕府3代将軍徳川家光が描いた梟図です。最近日本美術の展覧会などで注目を集めている家光の独創的な絵。ぜひご覧ください!
 
★長府毛利家が財力と労力を注いで作製した手鑑
長府毛利家は筆跡観賞用のアルバムである手鑑を多く作製したことで知られます。今回はそのうち「毛利家御手鑑」「筆陳」を展示。「毛利家御手鑑」には、戦国武将のめずらしい手習書も?!
 
★絵文字を華麗に使いこなす殿様「毛利元義歌書」
文芸の殿様としてその名をとどろかせた11代長府藩主毛利元義の作品。なんと歌のなかに絵文字を用いるという元義らしさ全開の1品です!
 
★初公開!長府を代表する文人の共演「田上菊舎・度会文流斎句書」
初公開となる田上菊舎と度会文流斎の句書です。句に添えられた菊舎の後ろ姿にもご注目ください!

<出品資料>
出品資料の目録はこちら

<展示パンフレットの販売>
出品資料の図版や解説、コラムなどを掲載したパンフレットを販売します(販売開始は、令和4年1月7日(金)から)。
 
<会期中のイベント>
展示解説会
2月9日(水)・2月13日(日)・2月16日(水)・2月19日(土)・2月23日(水 祝)・2月27日(日)
各日13時30分~14時10分
担当:当館学芸員 松田和也
※予約不要。
※内容はいずれも同じです。
※参加人数が多い場合、複数回に分けて実施する場合があります。
 
アートなプレゼント
会期中に企画展「殿様アート」パンフレットを購入された方には、アートなオリジナルグッズをプレゼント!
缶バッジ・コースター・ポチ袋のなかから1つお選びいただけます!
 
<会期>
令和4年1月7日(金)から令和4年3月6日(日)まで
 
<休館日>
毎週月曜日
※1月10日(月)は開館して翌1月11日(火)に休館
 
<観覧料>
一般:210円(160円) 大学生等:100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金
※下関市内に居住する65歳以上の方は観覧料100円
※18歳以下の方、障害者手帳をお持ちの方は観覧料無料

RSS Category

購入方法

図録等刊行物、講座テキスト及びミュージアムグッズの郵送販売を承っております。なお、ミュージアムグッズのページはこちらです。下記の申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、購入刊行物の合計金額分の定額小為替もしくは現金書留とともに下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいた刊行物等は、原則送料着払いで送付いたします。なお、発送方法については、レターパックまたは定形外郵便での対応も可能です。ご希望の方は、必ず事前にご相談ください。(送料分の切手や現金を送っていただく必要があります。)※下記の申込書をダウンロードしてください。(1­)図録刊行物購入申込書(p­d­f­)(2­)図録刊行物購入申込書(x­l­s­x­.­.­.­
ページ最上部へ