展示情報 展示内容のご案内

展示前室

令和5年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示・企画展示
展示名称 期間
企画展 英雄の素顔―武将たちの虚像と実像 令和5年2月3日(金)~4月2日(日)
企画展 タイムスリップ―絵図・地図に描かれた昔日の下関― 令和5年4月7日(金)~5月28日(日)
企画展 Go to 下関―観光都市下関のルーツをたどる― 令和5年6月2日(金)~7月30日(日)
特別展 花凛々と―下関ゆかりの女性たち― 令和5年8月4日(金)~10月1日(日)
下関市・彦島町合併90年記念特別展
巌流島―そして、島は決闘の聖地となった―
令和5年10月6日(金)~令和5年12月3日(日)
企画展 平安時代と王朝文学―下関伝来の源氏物語― 令和5年12月8日(金)~令和6年2月12日(月・振休)
(12月28日~1月4日休館)
企画展「清末毛利家―毛利一族を救った知られざる大名―」 令和6年2月16日(金)~4月14日(日)
※企画展示・特別展示のスケジュールについては、下関市立歴史博物館スケジュール2023下関市立東行記念館年間スケジュール2023をダウンロードしてください。
※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

現在開催中の展示

企画展
清末毛利家 ―毛利一族を救った知られざる大名―

  清末毛利チラシ表清末毛利チラシ裏
 チラシのダウンロードはこちら

承応2年(1653)、長府毛利家から1万石を分け与えられる形で清末毛利家が成立しました。1万石は、大名として最小の石高です。同家は、清末藩主として、幕末まで現在の下関市清末を中心とする地域を治めました。
江戸時代中期に長府毛利家が断絶した際、清末毛利家当主は同家を継承。再興した長府毛利家は、その後萩毛利家の後継者を輩出しました。清末毛利家は、長府毛利家・萩毛利家の危機を救い、その血統は、両家に受け継がれることとなったのです。
また、清末毛利家の当主のなかには、江戸幕府の寺社奉行や大番頭に就任した者もいます。外様大名がこれらの役職に就くのは、異例のことです。
小さな家ながら、確かな存在感を示し、毛利一族を救った清末毛利家の知られざる歴史を紹介します。

出品目録はこちら

<会期>
令和6年(2024年)2月16日(金)から令和6年(2024年)4月14日(日)まで

<休館日>
毎週月曜日
 
<観覧料>
一 般 210円(160円)
大学生等  100円(80円)
※(  )内は20名以上の団体料金。
※65歳以上で下関市内に居住する方は100円。
※18歳以下の方、障害者手帳をお持ちの方、高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学の生徒は無料。
※年齢確認のため、公的証明書をお持ちください。

<イベント>
展示解説会
令和6年3月2日(土)・3月6日(水)・3月10日(日)・3月16日(土)・3月24日(日)
 ※時間はいずれも13:30~14:10
 ※各日いずれも同じ内容です。
 ※予約不要・要観覧料
担当:松田和也(下関市立歴史博物館 学芸員)
場所:下関市立歴史博物館 企画展示室

次回開催の展示

準備中

 

RSS Category

購入方法

図録等刊行物、講座テキスト及びミュージアムグッズの郵送販売を承っております。なお、ミュージアムグッズのページはこちらです。下記の申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、購入刊行物の合計金額分の定額小為替もしくは現金書留とともに下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいた刊行物等は、原則送料着払いで送付いたします。なお、発送方法については、レターパックまたは定形外郵便での対応も可能です。ご希望の方は、必ず事前にご相談ください。(送料分の切手やレターパックを送っていただく必要があります。)※下記の申込書をダウンロードしてください。(1­)図録刊行物購入申込書(p­d­f­)(2­)図録刊行物購入申込書(.­.­.­
ページ最上部へ