展示情報 展示内容のご案内

展示前室

令和6年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示・企画展示
展示名称 期間
企画展「清末毛利家―毛利一族を救った知られざる大名―」 令和6年2月16日(金)~4月14日(日)
企画展「幕末群雄伝―下関に集った志士たち」 令和6年4月19日(金)~6月2日(日)
企画展「菊舎 旅と友を愛したひと―ふるさと編―」 令和6年6月7日(金)~7月21日(日)
下関戦争160年記念特別展「攘夷と海峡」 令和6年7月26日(金)~9月29日(日)
特別展「天下人との邂逅―海峡の戦国史 第3章―」 令和6年10月4日(金)~令和6年12月1日(日)
企画展「毛利元敏―趣味と郷土を愛した最後の殿様―」 令和6年12月6日(金)~令和7年2月9日(日)
(12月28日~1月4日休館)
企画展「神と仏の物語―長府寺社巡り―」 令和7年2月14日(金)~4月13日(日)

※企画展示・特別展示のスケジュールについては、下関市立歴史博物館スケジュール2024下関市立東行記念館年間スケジュール2024をダウンロードしてください。
※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

現在開催中の展示

下関戦争160年記念特別展「攘夷と海峡」

欧米列強のアジア進出をきっかけに、対外関係が緊張した幕末。幕府の外交方針や内政への反発、開国による物価高騰などにより政治・社会が混乱する中、日本各地で外国勢力を打ち払う「攘夷」を求める声が高まりました。
攘夷の機運が最高潮に達していた文久3年(1863)、ここ下関はまさに攘夷実行の舞台となります。長州藩は、下関海峡でアメリカ商船を砲撃し、続けてフランス・オランダの軍艦をも攻撃。翌元治元年(1864)8月には、海峡でイギリス・フランス・オランダ・アメリカの連合艦隊と長州藩との間に下関戦争が開戦しました。長州藩だけでなく、幕府・朝廷・欧米諸国などそれぞれの立場・思惑を背景に起こったこれらの戦いは、長州藩の対外・軍事方針の転換のみならず、幕府の対外政策など、国内全体に大きな影響を及ぼすこととなります。
本展は、本年が下関戦争より160年にあたることを記念し、開催するものです。海峡での攘夷戦はなぜ起こり、結果として何を遺したのか。資料を通じ、戦争の背景や戦況に迫ります。


<会期>
令和6年7月26日(金)から令和6年9月29日(日)まで

<会場>
下関市立歴史博物館 企画展示室
(下関市長府川端二丁目2番27号)

<休館日>
毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日休館)
 
<観覧料>
一般:500円(400円) 大学生等:300円(240円)
※( )内は20名以上の団体料金
※下関市内に居住する65歳以上の方は観覧料250円(要公的証明書)
※18歳以下の方、障害者手帳をお持ちの方は観覧料無料(要公的証明書)


<会期中のイベント>

1.関連講座
演題:(1)「下関戦争の背景―それぞれの思惑―」
   (2)「高杉晋作と下関戦争」
講師:下関市立歴史博物館 学芸員 稲益あゆみ
日時:(1)8月20日(火)、8月24日(土)
   (2)9月11日(水)、9月14日(土)   
   各日10:30~11:30
場所:下関市立歴史博物館
料金:資料代300円
定員:各回35名(予約制、先着順)
予約:歴史博物館へ電話または博物館受付にて申込み
   7月26日9時30分より受付開始

2.展示解説
日時:8月20日(火)、8月24日(土)、9月11日(水)、9月14日(土)
   各日11:40〜12:10
   ※講座終了後に実施するため、開始時間が前後することがあります
場所:下関市立歴史博物館企画展示室
料金:特別展観覧料
予約:不要※講座を聴講しない方もご参加いただけます

次回開催の展示

準備中

RSS Category

博物館資料の特別観覧について

​学術研究および地域学習などに資するため、博物館資料の特別閲覧等のサービスを行っています。画像等の貸出・掲載、収蔵品の撮影・熟覧等に際しては、事前に観覧日の予約および特別観覧の申請が必要になりますので、博物館までご連絡ください。なお、特別観覧には別途料金が必要になります。区分特別観覧料(1­件につき)熟覧1­日2­1­0­円模写、模造等1­日1­,0­4­0­円撮影等モノクローム学術研究を目的とする場合1­回1­5­0­円出版等収益を伴う場合1­回1­,5­7­0­円カラー学術研究を目的とする場合1­回3­1­0­円出版等収益を伴う場合1­回3­,1­7­0­円複製1­回2­2­0­,0­0­0­円備考1.「1日」とは、博物館に入館して退館するまでとなります。2.「1回」とは、.­.­.­
ページ最上部へ