ブログ blog page

串崎城―長府に築かれた幻の城(6)

2021-06-23 (Wed) 11:12
企画展でご紹介している串崎城は、江戸時代初期のほんのわずかの期間しか存在しなかった城です。
そのため、その実像を語る資料は多くはありません…。串崎城を「幻の城」と銘打った所以です。

現在の串崎城跡には、所々に石垣や土塁などが遺っています。しかし、足を踏み入れることができない場所などもありますので、実際に現地を見たり歩いたりしても、なかなか全体像を想像しづらいかもしれません。
今回は、そんな串崎城跡をドローンで空撮して、当時の姿や構造などを解説する映像を制作しました。より分かりやすくその姿をご覧いただけると思います。
映像1

映像2

映像3
映像は、会期中企画展示室内の一角で上映しておりますので、ぜひご覧ください!
この記事を表示

串崎城―長府に築かれた幻の城(5)

2021-06-19 (Sat) 13:19
企画展「串崎城―長府に築かれた幻の城」展示中の長府の絵はがきです。近代以降の長府の景観を伝えています。写っているのは、・外浦(現在の関門医療センター辺り)から串崎城跡を見た風景・串崎城への入口の1つで...
記事全文を読む

串崎城―長府に築かれた幻の城(4)

2021-06-12 (Sat) 09:08
企画展「串崎城」展示中の「御城山絵図」。幕末に串崎城跡を測量して製作されたものです。串崎城の姿を伝えるもっとも重要な資料です。「御城山絵図」によって、本丸・二ノ丸・詰ノ丸・西ノ壇・薬研堀など、串崎城の...
記事全文を読む

串崎城―長府に築かれた幻の城(3)

2021-06-03 (Thu) 14:38
企画展「串崎城」展示中の「三郡之絵図」。長府藩領を描いた絵図で、縦117.5センチ横163.6センチの大きさです。承応2年(1653)、清末藩が創設される際に、江戸城において老中が見たものです。長府藩...
記事全文を読む

串崎城―長府に築かれた幻の城(2)

2021-05-26 (Wed) 17:30
今回の目玉資料の1つ「桐沢潟紋長櫃」毛利秀元が長府にやってきた際に持参したといわれるものですいたるところに散りばめられている桐紋と沢潟紋に注目!長櫃の側面にあしらわれている大きな紋が目立ちますが、よー...
記事全文を読む

串崎城―長府に築かれた幻の城(1)

2021-05-22 (Sat) 10:54
開幕が延期となった企画展「串崎城―長府に築かれた幻の城」ですが、開館したときに備えて会場の準備は万全に整っております。なお、展示の内容をまとめたパンフレットは、郵送での販売を開始しております。注目資料...
記事全文を読む

特別展 海峡に魅せられた幕末の英傑【最終日】

2021-05-16 (Sun) 09:30
下関市立歴史博物館です。ついに特別展の最終日となりました。締めくくりでご紹介するのは京都国立博物館さん。 京都国立博物館さんは、おもに平安時代から江戸時代にかけての京都の文化を中心とした文化...
記事全文を読む

公式アプリの新機能 音声ガイドについて

2021-03-23 (Tue) 13:42
隣県の福岡県では桜が満開になるなど、下関にも春が間近に迫っています。さて、当館では特別展海峡に魅せられた幕末の英傑から、企画展示室において音声ガイドを始めました。現状では展示解説(ギャラリートーク)は...
記事全文を読む

次回企画展「串崎城―長府に築かれた幻の城」

2021-03-21 (Sun) 11:08
先日、特別展「海峡に魅せられた幕末の英傑」が開幕したばかりですが、早速次回の展示のご案内をさせていただきます!5月21日(金)から、企画展「串崎城―長府に築かれた幻の城」がスタートします。長府藩主の居...
記事全文を読む

令和3年度(2021年度)の展示スケジュールについて

2021-02-02 (Tue) 13:20
みなさんこんにちは!本日は、歴史博物館の令和3年度(2021年度)の展示スケジュールをお知らせいたします。詳細は、展示情報のページをご覧ください。来年度もよろしくお願い申し上げます。 
この記事を表示
<前 1 2 3 4 5 6 7 8

Contents menu

RSS Category

博物館資料の特別観覧について

​学術研究および地域学習などに資するため、博物館資料の特別閲覧等のサービスを行っています。画像等の貸出・掲載、収蔵品の撮影・熟覧等に際しては、事前に観覧日の予約および特別観覧の申請が必要になりますので、博物館までご連絡ください。なお、特別観覧には別途料金が必要になります。区分特別観覧料(1­件につき)熟覧1­日2­1­0­円模写、模造等1­日1­,0­4­0­円撮影等モノクローム学術研究を目的とする場合1­回1­5­0­円出版等収益を伴う場合1­回1­,5­7­0­円カラー学術研究を目的とする場合1­回3­1­0­円出版等収益を伴う場合1­回3­,1­7­0­円複製1­回2­2­0­,0­0­0­円備考1.「1日」とは、博物館に入館して退館するまでとなります。2.「1回」とは、.­.­.­
ページ最上部へ