ブログ blog page

次回企画展のご案内

2019-01-22 (Tue) 13:30
早いもので、もう1月も終わりが近づいてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
例年に比べれば暖かい日が続いていますが、春が待ち遠しいこの頃ですね。

さて、今回は歴史博物館の次回の企画展についてご案内します。

2月23日(土)から4月7日(日)まで、企画展「長門国府から長府へ―城下町成立前史」を開催いたします。

今回の展示は、古代に現在の長府の地に長門国の役所が置かれた頃から江戸時代初めに長府藩の城下町が生まれるまでの長府の歩みについて紹介するものです。

メインは奈良時代~戦国時代で、歴史博物館が所蔵する重要文化財の「長門国鋳銭遺物」をすべて展示するほか、全国的にも珍しい板に画かれた僧侶の肖像画ほかの宗教美術、長府で活動した鋳物師(いもじ)などの職人に関わる資料も展示します。

また、関連イベントとして、歴史博物館ガイダンス交流室にて、2月23日(土)・3月23日(土)の2回にわたってミニ講座を行います。
時間は、両日とも午前10時30分から11時30分までの1時間です。
参加費は無料ですので、ぜひご来館ください。

詳細については、歴史博物館ホームページの「企画展示」のコーナーをご覧ください。
 
この記事を表示

博物館の観覧料が無料になるアプリのご紹介【3月31日まで】

2019-01-11 (Fri) 16:30
本日から始まった博物館の観覧料が無料になるサービスをご紹介します。スマートフォンをお持ちで下記のアプリをダウンロードされている方で、当館のクーポンを利用された方に限り、なんと!!観覧料が無料で常設展示...
記事全文を読む

東行記念館で晋作からうのへの贈り物を展示中!

2019-01-11 (Fri) 13:26
下関市立東行記念館では、現在常設企画展「幕末に生きた女性たち」を開催しています。本展では、高杉晋作の妻まさや、恋人のうの(梅処)など、晋作とゆかりのあった女性たちの資料を多数展示!彼女たちを取り巻く環...
記事全文を読む

下関の歴史日めくりカレンダーの掲示

2019-01-06 (Sun) 10:13
明けましておめでとうございます。新年を迎え、当館も昨日より開館しておりますので、本年もみなさまよろしくお願い申し上げます。さて、本日は「下関の歴史日めくりカレンダー」の掲示を紹介します。昨年5月24日...
記事全文を読む

企画展「海峡往来―すべての「道」は海峡に通ず」の開催

2018-12-13 (Thu) 18:28
日増しに寒さが増してきていますが、みなさま風邪など引かれないようお気をつけてください。さて、今日は企画展のご紹介です。12月15日(土)から企画展「海峡往来―すべての「道」は海峡に通ず」が始まります。...
記事全文を読む

東行記念館次回展示のご案内

2018-11-22 (Thu) 16:38
下関市立東行記念館では、現在常設企画展「奇兵隊の軌跡」を開催しています。今回は、この「奇兵隊の軌跡」に続く、次回の常設企画展のお知らせです。東行記念館では、平成30年12月26日(水)より常設企画展「...
記事全文を読む

新しいミュージアムグッズの販売!!

2018-07-22 (Sun) 07:45
夏休みに入り、博物館にも多くの子どもたちが遊びに来てくれています。クイズラリーなど家族みなさんで楽しむことができるイベントもありますので、ぜひ当館にお越しください。また、夏休みの宿題などでお困りの際は...
記事全文を読む

関門海峡でブラタモリ!【再掲】

2018-07-10 (Tue) 14:32
梅雨明けして暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?本日は、先日ブログでも紹介しました「ブラタモリ」の放映ですが、放送日が変更となりましたので、お知らせいたします。放送日時は、関門海峡・下関...
記事全文を読む

今度は海峡でブラタモリ!

2018-06-11 (Mon) 09:26
最近は雨が多く、いよいよ梅雨本番という感じがしてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?本日は、テレビ番組のお知らせです。「たなか~る先生」でお馴染み、当館の田中洋一学芸員が、現在NHKで放送中の「...
記事全文を読む

入館者10万人達成!

2018-06-03 (Sun) 09:30
昨日、下関市立歴史博物館の入館者が、10万人に達しました!そこで、今回は歴史博物館のエントランスにおいて開催された、記念セレモニーの模様をご紹介します。入館10万人目のお客様には、当市の児玉教育長より...
記事全文を読む

Contents menu

RSS Category

常設展示

海峡に育まれた下関の歴史と文化-海峡の歴史に未来が見える「下関海峡」は、瀬戸内海、東シナ海、日本海への海の道が交わり、山陽道、赤間関街道、長崎街道などの陸の道を結ぶ十字路でした。この十字路には国内外の各地から集散した人・モノ・情報が交錯し、「海峡」は新たな文化と次代を創出し、時代が転換する契機となった舞台でもあります。「海峡」は歴史と文化の十字路であり、現代下関は「海峡」の賜であるといえます。
ページ最上部へ