東行記念館 東行記念館の概要

東行記念館外観春

東行記念館概要

東行記念館は、高杉晋作100年祭記念事業の1つとして全国有志の寄付により、昭和41年4月14日に開設。 その後、平成22年6月1日、東行記念館の2階部分を下関市立東行記念館として開設しました。
また、高杉晋作と奇兵隊及び下関市吉田地区に関する資料などを収蔵しており、幕末・維新期を中心に展示活動を行っています。

展示案内

2019年度 常設企画展示スケジュール

展示名称 会期(予定)
常設企画展(1)
高杉晋作生誕180年記念
赤間関之鎮主 高杉晋作
2019年3月26日~2019年6月23日
常設企画展(2)
夏休み子ども向け企画
ファミリーヒストリー 高杉家のひみつ
2019年6月25日~2019年9月29日
常設企画展(3)
猛烈奇兵-晋作が描いた奇兵隊
2019年10月1日~2019年12月23日
常設企画展(4)
晋作に魅せられた者たち-懐かしき君の面影
2019年12月24日~2020年3月22日
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。
 

2020年度 常設企画展示スケジュール

展示名称 会期(予定)
常設企画展(1)
晋作の流儀
2020年3月24日~2020年6月21日
常設企画展(2)
夏休み子ども向け企画
東行庵のひみつ―高杉晋作が眠る地
2020年6月23日~2020年9月22日
常設企画展(3)
脱隊騒動―奇兵隊、終わりのはじまり
2020年9月24日~2020年12月20日
常設企画展(4)
晋作が愛した花々―まさ・うの・望東尼
2020年12月22日~2021年3月21日
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。
 

常設企画展 「晋作に魅せられた者たち―懐かしき君の面影-」​

 29年という短い生涯の中で、奇兵隊結成や功山寺決起、幕長戦争への参戦など、幕末の混乱期を疾風の如く駆け抜けた高杉晋作。その生き様は、同じ時代を生きた人々だけでなく、現在もなお多くの人を魅了してやみません。
 本展では、伊藤博文、山縣有朋、木戸孝允、井上馨をはじめ晋作と同じ時代を生き、交流のあった人々を紹介します。彼らが晋作をどのように顕彰し、後世へと伝えようとしたのかご覧いただければ幸いです。

《会期》
2019年12月24日(火)から2020年3月22日(日)まで

《会期中のイベント》
(1)ミニ講座
第1回
<演題>旧友たちの顕彰活動―高杉晋作顕彰碑の建立―
<講師>下関市立歴史博物館 学芸員 稲益 あゆみ
<日時>令和2年2月23日(日)
    午後1時30分から2時30分まで
第2回
<演題>志士を支えた妻たち
<講師> 当館学芸員 藤山 佳子
<日時>令和2年3月15日(日)
    午後1時30分から2時30分まで
<会場>いずれも東行記念館1階講堂
<料金>いずれも無料(但し、展示をご覧の場合は観覧料が必要)
<予約>不要

 
(2)担当学芸員による展示解説※
<日時>令和2年2月16日(日)、3月8日(日)
    いずれも午後1時30分から2時15分まで
<会場>東行記念館2階展示室
<料金>無料(但し、観覧料が必要)
<予約>不要

新型コロナウイルス感染症対策のため、以下のイベントを中止させていただきます。
3月15日(日) ミニ講座「志士を支えた妻たち」
3月 8日(日) 展示解説


<イベントに関する問合せ>
下関市立東行記念館
 TEL 083-284-0212/FAX 083-284-0219
 
魅せられた1 魅せられた2
 

次回予告 
常設企画展 「晋作の流儀」​

 激動する幕末期において、高杉晋作は毛利家の家臣であることを誇りに、長州を守るため活動しました。そして、因習や伝統、固定概念といった枠にとらわれず、自分が信じた道を突き進みます。時には失敗や挫折もありましたが、晋作の行動は混迷する長州に新しい風を吹き込むことになりました。
本展では、長州の行く末を思い、行動し続けた晋作の生涯に迫ります。毛利家に忠義を尽くすことを信念とし、最後まで萩藩士として生きつつも、革新的であった晋作の流儀をご覧いただければ幸いです。
 
《会期》
3月24日(火)から6月21日(日)まで
 
《休館日》
毎週月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日
※GW中(4月29日~5月6日)は開館
 
《会期中のイベント》
新型コロナウイルス感染症対策のため、会期中に予定していた下記のイベントは、すべて中止とさせていただきます。
学芸員による展示解説
日時:4月29日(水・祝)・5月6日(水・祝)・6月7日(日)
    いずれも午前10時30分~午前11時30分
会場:東行記念館2階展示室
料金:無料(但し、観覧料が必要)
予約:不要


流儀表  流儀裏

《展示・イベント等の問合せ》
下関市立東行記念館
 TEL 083-284-0212/FAX 083-284-0219

ご利用案内

名称 下関市立東行記念館
所在地 〒750-1101
下関市大字吉田1184
電話番号 083-284-0212
ファックス 083-284-0219
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館)
祝日の翌日・年末年始(12月28日~1月4日)

※その他展示替えなどで臨時休館があります
 
観覧料 【常設企画展示】一般300円(240円)/大学生等200円(160円) 
※( )内は20名以上の団体料金
※展示解説が必要な方は、あらかじめご連絡ください。
※特別展示の観覧料は別に定めます。
※無料となる方
・18歳以下、70歳以上の方
・療育手帳、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、戦傷病者手帳(項症)を持参の方。
*療育手帳、身体障がい者手帳(1級~4級)、精神障がい者保健福祉手帳、戦傷病者手帳(特別項症~第4項症)を持参の方は、付添人1人まで無料となります。
・高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学の方。
※常設展示のみ無料となる方
・下関市および北九州市在住の65歳~69歳の方
受付の際、身分証明証等の提示をお願いする場合がございますので、ご協力をお願いします。
10月1日からの観覧料 【常設企画展示】一般300円(240円)/大学生等200円(160円)/65歳以上(市内・北九州市在住)150円 
※ (   )内は20名以上の団体料金

※特別展示の観覧料は別に定めます。
※無料となる方
・18歳以下
・療育手帳、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、戦傷病者手帳(項症)を持参の方。
*療育手帳、身体障がい者手帳(1級~4級)、精神障がい者保健福祉手帳、戦傷病者手帳(特別項症~第4項症)を持参の方は、付添人1人まで無料となります。
・高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学の方。
※受付の際、身分証明証等を必ずご提示ください。

ミュージアムグッズ

ミュージアムグッズの郵送販売を承っております。
下記の申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、購入刊行物の合計金額分の現金書留とともに下関市立東行記念館宛までお送りください。お申込みいただいた刊行物は、送料着払いで送付いたします。

※下記の申し込み書をダウンロードしてください。
(1) ミュージアムグッズ購入申込書 (pdf)

(2) ミュージアムグッズ購入申込書(word) 
 

絵はがき 100円/1枚

晋作と龍馬
晋作 実美公履歴
晋作と龍馬 晋作(忠義填骨髄) 決起口上
奇兵隊  
奇兵隊  
 

クリアファイル 200円/1枚

ファイル高杉_1 ファイル高杉_2
 
ファイル奇兵隊_1 ファイル奇兵隊_2










 

特別閲覧について

​学術研究および地域学習などに資するため、記念館資料の特別閲覧等のサービスを行っています。画像等の貸出・掲載、収蔵品の撮影・熟覧等に際しては、事前に観覧日の予約および特別観覧の申請が必要になりますので、記念館までご連絡ください。
なお、特別観覧には別途料金が必要になります。
区分
特別観覧料(1件につき)
熟覧
1日
200円
模写、模造等
1日
1,030円
撮影等
モノクローム
学術研究を目的とする場合
1回
150円
出版等収益を伴う場合
1回
1,550円
カラー
学術研究を目的とする場合
1回
300円
出版等収益を伴う場合
1回
3,120円
備考
 1.「1日」とは、記念館に入館して退館するまでとなります。
 2.「1回」とは、資料の撮影開始から終了まで、又はフィルム等の借用から返却までとなります。
 3.「撮影等」とは、資料を撮影すること、又はフィルム等の借用となります。

アクセス

■公共交通機関
JR下関駅
秋芳洞・湯谷温泉・吉田方面行きのバス

(所要時間約50分)
バス停
東行庵前
下車
徒歩5分

下関市立
東行記念館
JR小月駅
秋芳洞・湯谷温泉・吉田方面行きのバス

(所要時間約15分)
バス停
東行庵入口
下車
徒歩10分


■自動車
小月IC 所要時間5~10分
下関市立
東行記念館
美祢IC
所要時間10~15分

RSS Category

購入方法

図録等刊行物、ミュージアムグッズの郵送販売を承っております。下記の申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、購入刊行物の合計金額分の現金書留とともに下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいた刊行物は、送料着払いで送付いたします。※下記の申し込み書をダウンロードしてください。(1­)図録等刊行物購入申込書(p­d­f­)(2­)図録等刊行物購入申込書(x­l­s­x­)問い合わせ・申込先〒7­5­2­-­0­9­7­9­山口県下関市長府川端二丁目2­番2­7­号下関市立歴史博物館t­e­l­:0­8­3­-­2­4­1­-­1­0­8­0­f­a­x­:0­8­3­-­2­4­5­-­3­3­1­0­
ページ最上部へ