企画展示 企画展示のご案内

展示前室

平成30年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示
展示名称 会期(予定)
明治維新150年記念特別展
海峡の幕末維新
平成30年7月7日~平成30年9月2日
特別展
大内氏の興亡と毛利氏の隆盛-海峡の戦国史 第1章
平成30年10月20日~平成30年12月9日
※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。
 
企画展示
展示名称 会期(予定)
明治維新150年記念企画展
幕末のメディアと下関
平成30年3月17日~平成30年5月20日
明治維新150年記念企画展
下関のラストサムライ
平成30年5月26日~平成30年7月1日
企画展 長府藩の能と茶の湯 平成30年9月8日~平成30年10月14日
企画展 海峡往来-すべての「道」は海峡に通ず 平成30年12月15日~平成31年2月17日
企画展 長門国府から長府へ 平成31年2月23日~平成31年4月21日
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

公式アプリをダウンロードした方で、企画展示及び特別展示をご覧になった方は、企画展示室前でスタンプ(龍馬の印鑑)をゲットできます。ぜひ、スタンプを4個集めて坂本龍馬のクリアファイルを手に入れてください。
公式アプリの詳細はこちら

現在開催中の展示

企画展示『海峡往来-すべての「道」は海峡に通ず

下関は古くから港町として栄えてきました。その長い歴史の中でも、特筆すべき賑わいを見せたのが、江戸時代です。
江戸時代になると、国内の統一や航路の開拓事業などによって、下関海峡(現在の関門海峡)では、北国・九州・瀬戸内の航路が交わることとなりました。本州と九州の街道を結ぶ要衝でもあった下関は、一躍国内交通交通・流通の一大拠点となります。
本展覧会では、陸の道と海の道が交わる交わることによって大いに賑わった海峡と、「西国一の大港」と称されるまでに発展した江戸時代の下関の様子を紹介します。

《会 期》平成30年12月15日(土)~平成31年2月17日(日) 
《休館日》12月17日・25日・12月28日~1月4日、1月7日・15日・21日・28日、2月4日・12日

《主な展示資料》
★イギリス製日本図(下関市立歴史博物館蔵)
江戸時代にイギリスで製作された日本地図です。地図の余白には下関の港の様子が描かれており、下関が海外からも注目された場所であったことが伺えます。


★江戸参勤海陸道中図会(下関市立歴史博物館蔵)
江戸から薩摩までの街道や航路、地名などを描いた絵巻物です。全長約7メートルの大きさで各地の名所なども詳細に表現されています。ぜひじっくりと観察してみてください。

★亀田家文書(下関市立歴史博物館蔵)
亀田家は、現在の下関市永田郷や吉母で庄屋を務めた旧家です。日本海沿岸にはしばしば難破船が漂着。現地でその対応にあたった庄屋の様子がわかります。

★買仕切 小林家文書(下関市立歴史博物館蔵)
買仕切とは、売り手が商品の代金を受け取ったことを記して買い手に渡すもの。下関でやり取りされた買仕切からは、当地で各地の産物が取引されていたことが伺えます。


<関連イベント ミニ講座>
[場 所]下関市立歴史博物館ガイダンス交流室
[日 時](1)平成30年12月15日(土)10:30~11:30
    諸国廻船と下関
    (2)平成31年2月3日(日)10:30~11:30
    参勤交代と下関

[参加料]無料・事前予約なし
[担 当]学芸員 松田和也
海峡往来1海峡往来2
 

【開催予定】 次回企画展示『長門国府から長府へ-城下町成立前史』

Contents menu

RSS Category

購入方法

ミュージアムグッズの郵送販売を承っております。図録・刊行物のページにあります申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、購入刊行物の合計金額分の現金書留とともに下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいたミュージアムグッズは、送料着払いで送付いたします。
ページ最上部へ