企画展示 企画展示のご案内

展示前室

平成30年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示
展示名称 会期(予定)
明治維新150年記念特別展
海峡の幕末維新
平成30年7月7日~平成30年9月2日
特別展
大内氏の興亡と毛利氏の隆盛-海峡の戦国史 第1章
平成30年10月20日~平成30年12月9日
※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。
 
企画展示
展示名称 会期(予定)
明治維新150年記念企画展
幕末のメディアと下関
平成30年3月17日~平成30年5月20日
明治維新150年記念企画展
下関のラストサムライ
平成30年5月26日~平成30年7月1日
企画展 長府藩の能と茶の湯 平成30年9月8日~平成30年10月14日
企画展 海峡往来-海道・街道の十字路 平成30年12月15日~平成31年2月17日
企画展 長門国府から長府へ 平成31年2月23日~平成31年4月21日
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

公式アプリをダウンロードした方で、企画展示及び特別展示をご覧になった方は、企画展示室前でスタンプ(龍馬の印鑑)をゲットできます。ぜひ、スタンプを4個集めて坂本龍馬のクリアファイルを手に入れてください。
公式アプリの詳細はこちら

企画展示『長府藩の能と茶の湯』

室町時代、観阿弥や世阿弥らによって高い芸術性を備えた芸能へと成熟した能。安土桃山時代、千利休によって侘びを理念とした生活芸術として確立された茶の湯。
江戸時代には、ともに将軍から大名、町衆までに親しまれる文化として発展しました。そして、今では国内だけでなく、海外からも日本の伝統文化の1つとして注目されています。
本展では、長府藩と能、茶の湯の関係について、初代藩主毛利秀元とのかかわりを中心に紹介いたします。また、政治や経済に大きな影響を及ぼすなど、様々な性格を有する能と茶の湯の魅力を改めて知っていただく機会となれば幸いです。
 
nou_omote nou_ura
























チラシはダウンロードできます。 企画展示『長府藩の能と茶の湯』チラシ

《会 期》平成30年9月8日(土)~10月14日(日)
《休館日》9月10日・18日・25日、10月1日・9日

《主な展示資料》
資料名 指定文化財 所蔵
能面 小癋見 下関市指定文化財 忌宮神社
能面 三光尉 下関市指定文化財 忌宮神社
長府藩能舞台桟敷割図 下関市指定文化財 忌宮神社/当館寄託
能管 伝毛利秀元所用   忌宮神社
能管 伝毛利元義所用   忌宮神社
亀山能桟敷割図   個人/当館寄託
能面 白色尉 伝毛利秀元奉納 下関市指定文化財 亀山八幡宮
能面 黒色尉 伝毛利秀元奉納 下関市指定文化財 亀山八幡宮
能面 白色尉 毛利元義奉納 下関市指定文化財 亀山八幡宮
五七桐文蒔絵能面筥 伝毛利秀元奉納 下関市指定文化財 亀山八幡宮
翁図 狩野晴皐筆   下関市立美術館
翁図 狩野芳崖筆   個人/下関市立美術館寄託
能師土田路俊 狩野芳崖筆   個人/下関市立美術館寄託
唐物茶壺 銘 玉蟲 下関市指定文化財 当館
千利休釜形差図   個人/当館寄託
千利休画像 笹山養意筆 川上不白賛   当館
千利休書状(筆陳) 山口県指定文化財 当館
古田織部書状(筆陳) 山口県指定文化財 当館
徳川家光筆 梟図 下関市指定文化財 個人/当館寄託
小堀遠州書状 毛利秀元宛   当館
井伊直孝書状 毛利秀元宛   当館
伊達政宗書状 毛利秀元宛   当館
毛利甲斐守秀元譜略 下関市指定文化財 個人/当館寄託
軍産之茶碗 銘 から時雨   豊功神社
瓢箪釜   豊功神社
茶杓 千利休作   豊功神社
桐紋蒔絵棗 中村宗哲作   豊功神社
松風山焼 鉄釉茶碗   当館
鷹山焼 染付飛鳥図共蓋壺   当館
本陣伊藤家伝来茶道具   個人

<関連イベントその1 歴史博物館 秋の野点>
[場  所]下関市立歴史博物館 芝生広場 ※雨天の場合、ガイダンス交流室
[日  時]平成30年9月29日(土)・30日(日) 10:00~15:00
[お茶席料]400円
[先  着]各日200名まで
[共  催]表千家只楽会・国際ソロプチミスト東下関

<関連イベントその2 企画展示ミニ講座>
[場 所]下関市立歴史博物館ガイダンス交流室
[日 時]平成30年9月22日(土)・10月13日(土) 10:30~11:30
[参加料]無料・事前予約なし
[担 当]学芸員 田中洋一
[内 容]毛利秀元の数寄について

<近隣の茶の湯展>ちょっと足を伸ばしてみませんか?
[名称]小倉城庭園企画展『武将のたしなみ~利休・三斎・織部とつながる松井家の茶の湯~』
[場所]北九州市立小倉城庭園 北九州市小倉北区城内1-2
[会期]平成30年9月16日(日)~11月18日(日)※会期中無休
[内容]細川家筆頭家老の松井家に伝わる茶道具を紹介

詳細は、小倉城庭園のホームページをご覧ください。
 

【開催予定】次回企画展示『海峡往来-海道・街道の十字路

Contents menu

RSS Category

購入方法

図録等刊行物、ミュージアムグッズの郵送販売を承っております。下記の申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、購入刊行物の合計金額分の現金書留とともに下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいた刊行物は、送料着払いで送付いたします。※下記の申し込み書をダウンロードしてください。(1­)図録等刊行物購入申込書(p­d­f­)(2­)図録等刊行物購入申込書(w­o­r­d­)問い合わせ・申込先〒7­5­2­-­0­9­7­9­山口県下関市長府川端二丁目2­番2­7­号下関市立歴史博物館t­e­l­:0­8­3­-­2­4­1­-­1­0­8­0­f­a­x­:0­8­3­-­2­4­5­-­3­3­1­0­
ページ最上部へ