展示情報 展示内容のご案内

展示前室
 

令和2年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示
展示名称 会期(予定)
海峡に魅せられた幕末の英傑
※展示概要はこちらをご覧ください。
令和3年3月19日~令和3年5月16日
 ・前期 319日から418日まで
 ・後期 420日から516日まで





※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。
 
企画展示
展示名称 会期(予定)
志士たちが遺したことば 令和2年5月26日~令和2年8月30日
中・近世の対外関係-国際都市下関の軌跡- 令和2年9月5日~令和2年10月25日
日本遺産「関門❝ノスタルジック❞海峡」企画展
秋田寅之介と近代の関門海峡
令和2年10月31日~令和3年1月11日
系図・由緒書を読み解く 令和3年1月16日~令和3年3月14日
   
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

公式アプリをダウンロードした方で、企画展示及び特別展示をご覧になった方は、企画展示室前でスタンプ(龍馬の印鑑)をゲットできます。ぜひ、スタンプを4個集めて坂本龍馬のクリアファイルを手に入れてください。
公式アプリの詳細はこちら

現在開催中の展示

企画展 志士たちが遺したことば

幕末から明治という動乱の時代を駆け抜け、新たな時代を切り拓いた数多の志士たち。彼らの生き様は、今尚多くの人々を魅了してやみません。
現代の私たちが彼らの姿に想いを馳せることが出来るのは、彼らにまつわる様々な資料が遺されているからです。特に、自ら認めた書状や書などは、書き手の生のことばを伝えるものです。彼らの肉声ともいえるでしょう。そこには、熱い志や、日常の何気ない風景、そして喜びや悲しみといった感情など様々な事柄が刻み込まれています。
当館は、昭和8年(1933)に志士を慰霊・顕彰する長門尊攘堂として発足。以来、志士にまつわる資料を数多く収集してきました。当展覧会では、その中から特に書状や書などを紹介し、そこに記されたことばを紐解きます。志士たちが遺したことばに触れ、彼らの息吹を直接感じる機会となれば幸いです。
 
《会期》
令和2年5月26日(火)から令和2年8月30日(日)まで
 前期:5月26日(火)から7月12日(日)まで
 後期:7月14日(火)から8月30日(日)まで

《休館日》
6月1日(月)、6月8日(月)、6月15日(月)、6月22日(月)、6月29日(月)、
7月6日(月)、7月13日(月)、7月20日(月)、7月27日(月)、
8月3日(月)、8月11日(火)、8月17日(月)、8月24日(月)

《観覧料》
一般 210円(160円)
大学生等 100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金
※下関市内に居住する65歳以上の方は観覧料100円
※18歳以下の方、障害者手帳をお持ちの方は観覧料無料
 
《展示資料》
出品資料目録はこちら志士たち出品資料目録

注目の資料
2 高杉晋作書状 白石家文書【通期展示】
高杉晋作が、白石正一郎に送った書状です。
亡命先の四国から帰藩した直後の慶応元年(1865)6月5日に送られたもので、主君である萩藩主への想いや、自らの本分を全うするべく精進する決意など、晋作の熱い想いが刻み込まれています。
 
10 伊藤博文詩書【通期展示】
明治37年(1904)、伊藤博文が長府で揮毫した詩書です。酒宴に参加してほろ酔い気分となった伊藤が、6曲1双の金屏風に揮毫した圧巻の大作です。
明治から昭和にかけて活動した評論家横山健堂は、この詩書について、長府を訪れた際には、必ず観るべき珍品であると述べて、その出来栄えを絶賛しています。
 
17~21 品川家文書【前期展示】
長府藩士品川家に伝来した文書です。
戊辰戦争に従軍し、北越方面での激戦の真っただ中にいる長府藩士らが交わした書状です。苦しい戦いの様子や、仲間の戦死などを伝える書状が含まれており、戦場の様子をリアルにうかがうことができます。
 
32 西郷隆盛書状【通期展示】
明治6年(1873)、朝鮮に対する外交政策を巡って大久保利通らと対立していた西郷隆盛が送った書状です。この書状が送られた直後、西郷は政争に敗れ、辞職することとなります。
書状には、進退を賭けてこの問題に臨む西郷の覚悟が記されており、当時の緊迫感が感じられます。
 
坂本龍馬書状 伊藤九三宛【後期展示】
坂本龍馬が下関本陣主の伊藤九三に送った書状。伊藤家には、13通の坂本龍馬書状が伝わっており、後期にはこの13通をすべて展示します。

《関連イベント》
ミニ講座「幕末志士のことばを読み解く」
▼内容
企画展に出品されている書状や書の内容をわかりやすく解説し、そこに刻まれた志士たちの想いなど、様々な事柄を紹介します。
▼日時
8月8日(土)
8月10日(月・祝)
8月23日(日)
8月29日(土)
※いずれも10:30~11:30
※講座の内容は、いずれも同じです。
場所
歴史博物館 ガイダンス交流室
▼定員
各回15名(要予約・先着順)
▼参加料
300円
▼講師
学芸員 松田和也
▼予約
7月23日(木・祝)10時から、電話及び博物館受付にて予約受付開始(先着順)
連絡先:241-1080

※なお、新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、内容の変更、延期、中止の措置をとる場合があります。

◎お客様へお願い
・ご入館の際は、マスクの着用をお願いいたします。
・ご入館の際、お客様の体温を確認させていただきます。
※検温の結果、発熱が確認された場合、ご入館をご遠慮いただくことがございます。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

志士たち1  志士たち2

次回企画展示

企画展 中・近世の対外関係ー国際都市下関の軌跡

本州の最西端に位置する下関は、古来日本と外国との交わりに深く関わってきました。
中世、下関は日朝通交及び日明通交において、拠点の1つに位置付けられています。戦国大名大内氏は、朝鮮に送る外交文書を長府の長福寺(現功山寺)の僧に起草させました。また、観音崎の永福寺は明に向かう使節の宿泊所に充てられ、使節たちは同寺で休息し、旅路の疲れを癒しています。さらに、大内氏やそれに続く毛利氏の時代には、下関に朝鮮や明の人々が滞在し、人々と交流することもありました。
中世に見られた下関の国際性は、江戸幕府が外国との通交を制限すると潜在化することになります。しかしながら、朝鮮通信使やオランダ商館長の一行が下関を通過したため、それぞれの宿泊所に充てられた阿弥陀寺(現赤間神宮)や本陣伊藤・佐甲両家の周辺では、国境を越えた交流が行われていました。
本展では、中・近世において、日本と外国との関係のなかで下関がたどった軌跡について紹介します。展示資料を通じて、下関がもつ国際性と、国境を越えて行われた交流に想いを馳せていただければ幸いです。

《会期》
令和2年9月5日(土)から令和2年10月25日(日)まで

《休館日》
9月7日(月)、9月14日(月)、9月23日(水)、9月28日(月)、
10月5日(月)、10月12日(月)、10月19日(月)

《観覧料》
一般 210円(160円)
大学生等 100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金
※下関市内に居住する65歳以上の方は観覧料100円
※18歳以下の方、障害者手帳をお持ちの方は観覧料無料
 

RSS Category

下関市立歴史博物館専用アプリ

下関市立歴史博物館公式アプリ(無料)
ページ最上部へ