展示情報 展示内容のご案内

展示前室
 

令和2年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示
展示名称 会期(予定)
海峡に魅せられた幕末の英傑 令和3年3月19日~令和3年5月16日
 ・前期 319日から418日まで
 ・後期 420日から516日まで





※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。
 
企画展示
展示名称 会期(予定)
志士たちが遺したことば 令和2年5月26日~令和2年8月30日
中・近世の対外関係-国際都市下関の軌跡- 令和2年9月5日~令和2年10月25日
日本遺産「関門❝ノスタルジック❞海峡」企画展
秋田寅之介と近代の関門海峡
令和2年10月31日~令和3年1月11日
系図・由緒書を読み解く 令和3年1月16日~令和3年3月14日
   
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

公式アプリをダウンロードした方で、企画展示及び特別展示をご覧になった方は、企画展示室前でスタンプ(龍馬の印鑑)をゲットできます。ぜひ、スタンプを4個集めて坂本龍馬のクリアファイルを手に入れてください。
公式アプリの詳細はこちら

特別展情報《随時更新》

特別展 海峡に魅せられた幕末の英傑

海峡を往来した幕末の英傑を紹介!
江戸時代、「諸州の廻船よらざるはなし」といわれるほど経済港湾都市として発展した下関。諸藩から人・物・情報が集散する地、下関は国内外から注目されました。しかし、幕末を迎えると、ペリー来航を契機に、下関海峡[現在の関門海峡]を多くの外国船が行き交い、対外危機を身近で現実的なものとしました。そして、混乱する世情に接した憂国の士たちが海峡を往来することになったのです。また、下関海峡は攘夷戦、下関戦争、幕長戦争など、時代の転換を促す一大事件が起きた場所です。これらの出来事は、否が応でも長州の存在を意識させるとともに、国内外に大きなインパクトを与えました。さらに、薩長同盟に繋がる周旋活動の拠点、対外交易へと繋がる経済上重要な地としても認識されることになります。
海峡を舞台に活躍した幕末の英傑は、なぜ海峡を目指したのか…。彼らが躍動した姿から、海峡の先に見据えたものを感じ取っていただければ幸いです。

 
英傑チラシ表 英傑チラシ裏
※詳細は コチラ をクリックしてください

<会 期>
令和3年(2021年)3月19日(金)~5月16日(日)
 前期 3月19日(金)~4月18日(日)
 後期 4月20日(火)~5月16日(日)
 ※前期・後期で一部展示替えの予定です


<休館日>
3月22日・29日、4月5日・12日・19日・26日、5月6日、10日


<観覧料>
一般500円(400円) 大学生等300円(240円)
下関市内に居住する65歳以上250円

※( )内は20名以上の団体料金
※18歳以下、障害者手帳をお持ちの方は無料

<連携展示>
下関市立東行記念館常設企画展
「高杉晋作逆境に挑むードンデンガエシの裏側、大公開」
【会期】令和3年3月23日(火)~6月20日(日)
【観覧料】一般300円(240円) 大学生等200円(160円)
     下関市内に居住する65歳以上150円
     ※( )内は20名以上の団体料金

<展示資料リスト(予定)>
81点の資料を展示予定です。詳細は、出品資料目録 をご参照ください。

<見どころ>
幕末の英傑として、久坂玄瑞・大村益次郎・高杉晋作・坂本龍馬の4人に注目!
第1章 久坂玄瑞ー攘夷の最前線に立つ
⦅主な出品予定資料⦆
 久坂玄瑞書状 文宛(6通1巻)『流袖帖』[個人蔵]
◆久坂玄瑞書状 真木和泉宛 文久2年12月10日[太宰府天満宮蔵]
 攘夷戦着用麻布[光市文化センター寄託]
第2章 大村益次郎ー次なる舞台へ
⦅主な出品予定資料⦆
 脇差 銘備州住則光作/宝徳三年辛未ニ月日[山口市歴史民俗資料館蔵]
 萩原鹿之介書状 花山春太郎宛 慶応元年2月3日[山口市歴史民俗資料館蔵]
 大村益次郎所用時計[山口市歴史民俗資料館蔵]
第3章 高杉晋作ー赤間関之鎮主となる
⦅主な出品予定資料⦆
 七卿落図屏風[京都府京都文化博物館蔵]
◇高杉晋作書状 前原一誠宛(5通)[松陰神社蔵]
 高杉晋作書状 高杉小忠太宛(3通1巻)[太宰府天満宮蔵]
第4章 坂本龍馬ー海峡に託したもの
⦅主な出品予定資料⦆
◆坂本龍馬書状 坂本権平・一同宛 慶応2年12月4日[高知県立坂本龍馬記念館蔵]
◎書画貼交屏風(血染屏風)[京都国立博物館蔵]
◎梅椿図(血染掛軸)[京都国立博物館蔵]
※京都国立博物館から借用する予定資料については、京都国立博物館HP 館外での作品公開 を参照

◎国指定重要文化財 ◇初公開 ◆所蔵館以外で初公開
※出品予定資料の詳細は、随時追加していきます。

<会期中のイベント>
関連イベント➀ わくわくスタンプラリ
歴史博物館と東行記念館で対象の展覧会を見学してスタンプをゲット!
両館でスタンプをゲットされた方は、オリジナルグッズをプレゼントいたします。【先着順】
※両館ともにスタンプが押せる期間は
3月19日~5月16日です。
※なお、数に限りがございますので、ご了承ください。

関連イベント➁ 週替わり「幕末の英傑」講座
  テーマ               開催日
(1)久坂玄瑞~攘夷の最前線に立つ  3月20日(
)・21日()・24日(水)・28日(
(2)大村益次郎~次なる舞台へ    4月3日(
)・4日()・7日(水)・11日(
(3)高杉晋作~赤間関の鎮主となる  4月17日(
)・21日(水)・24日()・25日(
(4)坂本龍馬~海峡に託したもの   5月8日(
)・9日()・12日(水)・16日(
※各テーマの講座内容は同じです。
(時間)各日10時30分~11時30分  (場所)歴史博物館ガイダンス交流室
(定員)各日15名[要予約・先着順] (参加料)300円
(担当)学芸員 田中洋一
(予約)(1)・(2)2月3日~ (3)
(4)4月3日~
※歴史博物館へ電話、または歴史博物館受付にてお申込みください。
※イベントの詳細はチラシ「週替わり「幕末の英傑講座」」をご覧ください。

その他のイベントは、追って情報を公開します。

 

現在開催中の展示

企画展 系図・由緒書を読み解く

系図・由緒書を読み解き、歴史の謎に迫る!
 血縁関係のほか、師弟関係、相続関係を図示した系図や、正当性を証明する根拠としてさまざまな由来を伝える由緒書。これらは全国に数多く遺っていますが、後世に作成されたものが多いことから、学術研究上必ずしも重視されてきたわけではありません。しかしながら、系図や由緒書からは、作成者の考えや作成当時の社会状況など、さまざまな情報を得ることができます。
 系図のなかでも特に多く作成された家系図からは、作成者が自らの祖先に抱くイメージや願望、あるいは自らの家に対する誇りを読み取ることができます。また、由緒書の記述からは、自らの所属する家や寺社の歴史において何を重視したのか、作成者の意識をうかがい知ることができます。
 本展では、下関に伝わる系図や由緒書をさまざまな角度から読み解くことで、作成の背景や作成者の意識に迫ります。展示資料から、古文書によって紡がれるものとは一味違った歴史の一面を知っていただければ幸いです。

系図表  系図裏 

<会 期>2021年1月16日(土)~2021年3月14日(日)

<休館日>毎週月曜日

<観覧料>一般210円(160円) 大学生等100円(80円)
      ※( )内は20名以上の団体料金
      ※下関市内在住の65歳以上の方は100円
      ※18歳以下、障害者手帳をお持ちの方、高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学の生徒は無料

<会期中のイベント>

関連ミニ講座「系図・由緒書の楽しみ方」
(日時)2月7日(日)、14日(日)、23日(火・祝)、27日(土)
    ※いずれも10時30分~11時30分
(場所)下関市立歴史博物館
(参加料)300円
(定員)各15名

※予約について
 歴史博物館へ電話、または博物館受付にてお申込みください(先着順)。
 なお、すでに定員に達している場合があります。

次回企画展示

 

 

RSS Category

公式SNS

­N­S­でも、博物館の情報などを見ることができるようになりました!!・下関市立歴史博物館公式T­w­i­t­t­e­r­・下関市立歴史博物館公式F­a­c­e­b­o­o­k­
ページ最上部へ