企画展示 企画展示のご案内

展示前室

平成29年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示
展示名称 会期(予定)
坂本龍馬没後150年記念特別展
龍馬がみた下関
平成29年10月14日~平成29年12月10日
特別展
朝鮮通信使-日韓の平和構築の歴史
平成30年2月3日~平成30年3月11日
※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。
 
企画展示
展示名称 会期(予定)
高杉晋作没後150年記念企画展
焦心録-晋作が翔けた下関
平成29年4月1日~平成29年5月28日
企画展 江戸の女子旅―女流文人田上菊舎 平成29年6月1日~平成29年7月30日
企画展 シーボルトと下関-日蘭交流の軌跡 平成29年8月5日~平成29年10月9日
企画展
戦国大名毛利元就-元就から元清・秀元へ-
平成29年12月16日~平成30年1月28日
企画展 幕末のメディアと下関 平成30年3月17日~平成30年5月6日
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

公式アプリをダウンロードした方で、企画展示及び特別展示をご覧になった方は、企画展示室前でスタンプ(龍馬の印鑑)をゲットできます。ぜひ、スタンプを4個集めて坂本龍馬のクリアファイルを手に入れてください。
公式アプリの詳細はこちら

企画展 「戦国大名毛利元就」 平成29年12月16日~平成30年1月28日

戦国時代、安芸国(現在の広島県西部)の小領主の家に生まれた毛利元就。兄や甥の死によって家督を継ぐことになった元就は、隣国の大内氏や尼子氏を滅ぼし、西国を代表する戦国大名になりました。下関を含む旧大内領国を版図に加えた元就は、当地に新たな秩序を築いていくことになります。
毛利氏を大きく飛躍させた元就は、子孫である歴代長府藩主に篤く尊崇され、元就の遺品は今日まで大切に守り伝えられてきました。また、伝存する文芸資料から、学問で知られた大江氏の流れを汲む元就の文化的な営みが、歴代長府藩主に受け継がれたことがうかがえます。
本展では、戦国大名毛利元就が当地を領するに至る過程や、元就や歴代長府藩主の文芸活動について紹介します。展示資料を通じて、下関に遺る元就の足跡を知っていただければ幸いです。

・会期及び観覧料等
会期 平成29年12月16日(土)から
平成30年 1月28日(日)まで
観 覧 料 一  般   100円(80円)
大学生等   50円(40円)
※( )内は有料観覧者20名以上の団体料金
※観覧料が無料となる方は、博物館案内でご確認ください。

元就展チラシ表元就展チラシ裏

・主な展示資料

 
長府毛利家系図 個人蔵/当館寄託
長門本平家物語 個人蔵/当館寄託
大内教弘書状(「厚母家文書」) 山口県文書館蔵
足利義満御教書(「福原家文書」) 渡辺翁記念文化協会蔵/学びの森くすのき寄託
伝順徳妙孝大姉像 光楽寺蔵/山口県立美術館寄託
毛利元就御座備図 当館蔵
大友氏年寄連署書状(「家老桂家文書」) 当館蔵
毛利隆元像(常栄寺殿御尊影 掛替) 常栄寺蔵/山口県文書館寄託
吉川元春像 吉川史料館蔵
小早川隆景像 柳井市教育委員会蔵
毛利元就像 当館蔵
毛利元就自筆書状(「山口市教育委員会所蔵文書」) 山口市歴史民俗資料館蔵
毛利元就所用 白茶地桐竹文様綾頭巾 日頼寺蔵/当館寄託
吉川元春外2名連署禁制(「武久家文書」) 個人蔵/当館寄託
内藤氏奉行人連署書状(「佐甲家文書」) 個人蔵/当館寄託
照光院道澄筆 毛利元就詠草 個人蔵/当館寄託
毛利元清像 来福寺蔵/当館寄託
毛利秀元像 狩野探幽筆 個人蔵/当館寄託
毛利綱元筆 歌仙手鑑 個人蔵/当館寄託
毛利綱元筆 伊勢物語 個人蔵/当館寄託




























 

【次回の展示】
ユネスコ「世界の記憶」登録記念 特別展
 「朝鮮通信使 日韓の平和構築と文化交流の歴史」 平成30年2月3日~3月11日

日韓両国に伝わる「朝鮮通信使に関する記録」がユネスコ「世界の記憶」に登録されました。この記録は、両国の歴史的経験に裏付けられた平和的・知的遺産であり、恒久的な平和共存関係と異文化尊重を志向する人類共通の課題を解決するものとして、顕著で普遍的な価値を有しています。
朝鮮通信使は、豊臣秀吉の朝鮮出兵により破綻した国交を回復して、日本と朝鮮国の平和的な関係を構築するとともに、日本の人々と活発に交流して相互理解を深め、両国の文化の発展に貢献しました。
本展は、ユネスコ「世界の記憶」に登録された日本に所在する資料や関連資料などにより、朝鮮通信使が果たした役割と歴史的な意義、並びに本市との深い関わりについて紹介するものです。

㌽ユネスコ「世界の記憶」登録後、初の本格的朝鮮通信使展‼
㌽重要文化財3件を含む本市初公開資料を多数展示‼

・会期及び観覧料等
会期 平成30年2月3日(土)から
平成30年3月11日(日)まで
観 覧 料 一  般   500円(400円)
大学生等 300円(240円)
※( )内は有料観覧者20名以上の団体料金
※18歳以下及び70歳以上の方、高等学校、中等教育学校、特別支援学校の生徒、障がい者手
 帳をお持ちの方は無料。
主催:下関市立歴史博物館  後援:NPO法人朝鮮通信使縁地連絡協議会
朝鮮通信使チラシ1朝鮮通信使チラシ2

・主な展示資料

 
《重文》朝鮮国書 朝鮮国王李昖国書☆ 京都大学総合博物館蔵
《重文》朝鮮国書 朝鮮国王李昖国書別幅☆ 京都大学総合博物館蔵
《重文》朝鮮国書 朝鮮国王李琿国書☆ 京都大学総合博物館蔵
徳川将軍家斉返書(日本国書)控 外務省外交史料館蔵
《重文》正徳元年朝鮮通信使進物並進物目録☆ 山口県立山口博物館蔵
朝鮮通信使参着帰路行列図☆               高麗美術館蔵
朝鮮通信使御楼船屏風 大坂歴史博物蔵
馬上才図巻(朝鮮人曲馬図)☆ 個人蔵
朝鮮通信使歓待図屏風 狩野益信筆☆ 泉涌寺蔵
朝鮮通信使副使任守幹 壇ノ浦懐古詩☆ 赤間神宮蔵
《重文》雨森芳洲関係資料☆ 芳洲会蔵/
長浜市管理・高月観音の里歴史民俗資料館保管
福禅寺対潮楼朝鮮通信使関係資料☆ 福禅寺蔵/
福山市鞆の浦歴史民俗資料館寄託
清見寺朝鮮通信使関係資料☆ 清見寺蔵
波田嵩山朝鮮通信使唱酬詩並筆語☆ 個人蔵/当館寄託
拾得図 金明国筆・無等賛☆ 当館蔵
宝暦十四年朝鮮通信使正使趙曮書帖☆ 当館蔵






































※《重文》は重要文化財、☆はユネスコ「世界の記憶」登録資料を表す。
 

Contents menu

RSS Category

購入方法

図録等刊行物の郵送販売を承っております。下記の申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、購入刊行物の合計金額分の現金書留とともに下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいた刊行物は、送料着払いで送付いたします。※アイコンをクリックしてください。図録等刊行物購入申込書(p­d­f­)図録等刊行物購入申込書(w­o­r­d­)問い合わせ・申込先〒7­5­2­-­0­9­7­9­山口県下関市長府川端二丁目2­番2­7­号下関市立歴史博物館t­e­l­:0­8­3­-­2­4­1­-­1­0­8­0­f­a­x­:0­8­3­-­2­4­5­-­3­3­1­0­
ページ最上部へ