企画展示 企画展示のご案内

展示前室

2019年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示
展示名称 会期(予定)
赤間関市誕生130年記念特別展
下関の鉄道物語
2019年7月20日~2019年9月23日
長府藩初代藩主毛利秀元生誕440年記念特別展
関ヶ原―天下分け目と毛利氏の戦い
2019年10月1日~2019年12月1日
※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。
 
企画展示
展示名称 会期(予定)
企画展 長門国府から長府へ 2019年2月23日~2019年4月7日
高杉晋作生誕180年記念企画展
晋作と龍馬
2019年4月13日~2019年6月2日
企画展 源平合戦と下関 2019年6月8日~2019年7月15日
企画展 幕末長州藩の戦いと戦術 2019年12月7日~2020年2月2日
企画展 下関の文化財-美術工芸品を中心に 2020年2月8日~2020年4月5日
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

公式アプリをダウンロードした方で、企画展示及び特別展示をご覧になった方は、企画展示室前でスタンプ(龍馬の印鑑)をゲットできます。ぜひ、スタンプを4個集めて坂本龍馬のクリアファイルを手に入れてください。
公式アプリの詳細はこちら

現在開催中の展示

長州藩の戦いと戦術

幕末の下関で起こった戦いを中心に、長州藩の軍事の変遷を紹介!

欧米諸国の圧力や、幕府の求心力低下などにより、日本国内が混乱し、多くの事件や戦いが起きた幕末。長州藩は、わずか数年の間に様々な戦いに臨むこととなります。文久3年(1863)の攘夷戦や、元治元年(1864)の下関戦争では、外国と戦闘。また、慶応2年(1866)の幕長戦争、明治元年(1868)の戊辰戦争では幕府や諸藩軍と激突しました。
戦いを経て、長州藩の用いる兵器や戦術は大きく進歩しました。下関戦争において、欧米との実力差を前に大敗を喫した長州藩は、戦後、軍の洋式化や新式兵器の導入を進めるなど改革を徹底。このこともあって、長州藩は、幕長戦争において数に勝る征長軍を退けることに成功し、戊辰戦争においても新政府軍の勝利に貢献します。軍事改革は、長州藩が窮地を切り抜け、明治維新に貢献することを可能とした要因のひとつとなったと言えるでしょう。
本展では下関戦争や、小倉口の戦いなど、下関を舞台に起こった戦いを中心に、戦いの経過や用いられた兵器、戦術等をご紹介します。展示を通して、長州藩の軍事の変遷をご覧いただければ幸いです。


《会期》
令和元年12月7日(土)~令和2年2月2日(日)

《休館日》
毎週月曜日(1月13日は開館)、1月14日(火)
年末年始(12月28日~1月4日)

《観覧料》
一 般:210円(160円)
大学生:100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金
※下関市内在住の65歳以上の方は100円
※18歳以下、障害者手帳をお持ちの方、高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学の生徒は無料
 

次回企画展示

下関の文化財―美術工芸品を中心に―

「交流都市」下関に伝わる優品を一挙公開!

古来、下関は交通の要衝であり、国内外の諸地域のヒト・モノが行き交う場所でした。そのような土地柄を反映して、当地には多種多様な出自をもつ文化財が伝わっています。
神社仏閣に伝来した宗教美術品には、室町時代に大名の対外通交によってもたらされた輸入品に加え、下関の人々が自ら海外に赴いて入手したものも含まれています。
江戸時代に入ると、下関を治めた長府・清末両藩主家は、江戸と国元を行き来しながら雅やかな大名文化を育みました。また、当地に遺る書画は、江戸時代に盛んであった文人たちの交流を今に伝えています。さらに、これらの国内の交流に加え、数少ない機会をとらえて行われていた下関の人々と異邦人との交流を示す贈答品なども遺されています。
本展では、下関に遺るさまざまな文化財のうち、美術工芸品を中心に下関の歴史について紹介します。展示資料を通じて、下関の人々にまつわる多彩な交流に想いを馳せていただければ幸いです。


《会期》
令和2年2月8日(土)~令和2年4月5日(日)

《休館日》
毎週月曜日(2月24日は開館)、2月25日(火)

《観覧料》
一 般:210円(160円)
大学生:100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金
※下関市内在住の65歳以上の方は100円
※18歳以下、障害者手帳をお持ちの方、高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学の生徒は無料
 
《展示資料》
・〝近代日本画の父”と称される狩野芳崖筆の「四季花鳥図」!
・中世日朝通交による輸入品と考えられる「楊柳観音坐像」!   など。

Contents menu

RSS Category

購入方法

図録等刊行物、ミュージアムグッズの郵送販売を承っております。下記の申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、購入刊行物の合計金額分の現金書留とともに下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいた刊行物は、送料着払いで送付いたします。※下記の申し込み書をダウンロードしてください。(1­)図録等刊行物購入申込書(p­d­f­)(2­)図録等刊行物購入申込書(x­l­s­x­)問い合わせ・申込先〒7­5­2­-­0­9­7­9­山口県下関市長府川端二丁目2­番2­7­号下関市立歴史博物館t­e­l­:0­8­3­-­2­4­1­-­1­0­8­0­f­a­x­:0­8­3­-­2­4­5­-­3­3­1­0­
ページ最上部へ