企画展示 企画展示のご案内

展示前室

2019年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示
展示名称 会期(予定)
赤間関市誕生130年記念特別展
下関の鉄道物語
2019年7月20日~2019年9月23日
毛利秀元生誕440年記念特別展
関ヶ原―天下分け目と毛利氏の戦い
2019年10月1日~2019年12月1日
※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。
 
企画展示
展示名称 会期(予定)
企画展 長門国府から長府へ 2019年2月23日~2019年4月7日
高杉晋作生誕180年記念企画展
晋作と龍馬
2019年4月13日~2019年6月2日
企画展 源平合戦と下関 2019年6月8日~2019年7月15日
企画展 幕末長州藩の戦いと戦術 2019年12月7日~2020年2月2日
企画展 下関の文化財-美術工芸品を中心に 2020年2月8日~2020年4月5日
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

公式アプリをダウンロードした方で、企画展示及び特別展示をご覧になった方は、企画展示室前でスタンプ(龍馬の印鑑)をゲットできます。ぜひ、スタンプを4個集めて坂本龍馬のクリアファイルを手に入れてください。
公式アプリの詳細はこちら

現在開催中の展示

高杉晋作生誕180年記念企画展「晋作と龍馬」

天保10年(1839)、萩に生まれた高杉晋作。本年は生誕180年に当たります。
晋作は、その生涯で多くの友を得ましたが、その一人が坂本龍馬です。慶応元年(1865)には、坂本龍馬らが周旋する薩長和解・提携に晋作も力を添え、慶応2年(1866)1月には薩長盟約が締結されます。また、慶応2年6月の小倉口の戦いでは、征長軍を相手に、晋作と龍馬がともに戦いました。二人の交流は、明治維新に影響した様々な事件・事象を背景とし、幕末の下関とも深く関わっています。
本展では、晋作と龍馬の関係資料を通じて、二人の活躍と交流に迫るとともに、下関との関わりを紹介します。展示を通して、晋作と龍馬が駆け抜けた幕末の下関に思いを馳せていただければ幸いです。

《会 期》2019年4月13日(土)~6月2日(日)

《休館日》毎週月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)

《観覧料》大人100円(80円)、大学生等50円(40円)
      ※( )内は20名以上の団体料金
      ※70歳以上の方、18歳以下の方、障害のある方は無料
 
 
《会期中のイベント》
〇関連講座&展示解説
 2019年4月20日(土) テーマ「高杉晋作と薩摩藩」
 2019年5月26日(日) テーマ「徹底比較?!晋作と龍馬」
 ※各10:30~12:00、予約不要、資料代300円と観覧料が必要

〇ミニスタンプラリー
 下関市立歴史博物館企画展「晋作と龍馬」・下関市立東行記念館企画展「赤間関之鎮主 高杉晋作」の両方をご覧になり、チラシ裏面にスタンプを集めた方に、晋作と龍馬の絵ハガキをプレゼントします!

晋作と龍馬チラシ
晋作と龍馬裏
 

次回の企画展示 企画展「源平合戦と下関」

古来、さまざまな事件・事象の舞台となってきた下関海峡。そのなかでも、源平最後の決戦となった壇ノ浦の合戦は、日本の歴史上の画期の一つといえるでしょう。
平清盛を中心に栄華を極めた平家は、各地で起きた反乱の鎮圧に失敗し、都落ちに追い込まれます。一度は勢力を盛り返した平家でしたが、一ノ谷・屋島の両合戦を経て、壇ノ浦の合戦で滅び去ることになりました。
幼くして落命した安徳天皇の鎮魂のため創建された阿弥陀寺(現赤間神宮)をはじめ、下関には合戦にまつわる史跡や伝承が数多く遺っています。後世下関を訪れた旅人たちは、合戦の残照を通じて海峡に散った人々へと想いを馳せました。
本展では、壇ノ浦の合戦に至る源平の合戦の推移とともに、合戦が後代の下関に及ぼした影響についても紹介します。展示資料を通じて、激しい戦いの日々と、それにかかわるさまざまな人々の想いを感じ取っていただければ幸いです。

《会 期》2019年6月8日(土)~7月15日(月・祝)
《休館日》毎週月曜日(7月15日は開館)

 《主な展示資料》
★錦絵 壇之浦大合戦之図(下関市立歴史博物館蔵)
壇ノ浦の合戦を題材にした3枚1組の錦絵。海峡を舞台にした源平の最終決戦を生き生きと画いています。


★源平合戦図屏風(下関市立歴史博物館蔵)
源平の合戦のうち、屋島の合戦の名場面を画いた屏風絵。

《関連イベント》
(1)ミニ講座
[場  所]下関市立歴史博物館ガイダンス交流室
[日  時]2019年6月23日(日)・10:30~11:30
      タイトル「源平合戦と下関」

[参加料]300円(資料代)・事前予約なし
      ※資料は後日の販売はいたしませんので、ご注意ください

[担  当]学芸員 岡松仁
(2)展示解説

[場  所]下関市立歴史博物館企画展示室
[日  時]2019年6月9日(日)、7月7日(日)・いずれも10:30~11:30、14:00~15:00の2回
[参加料]一般100円、大学生等50円(観覧料)・事前予約なし
[担  当]学芸員 岡松仁

Contents menu

RSS Category

下関市立歴史博物館専用アプリ

下関市立歴史博物館公式アプリ(無料)
ページ最上部へ