企画展示 企画展示のご案内

展示前室

平成30年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示
展示名称 会期(予定)
明治維新150年記念特別展
海峡の幕末維新
平成30年7月7日~平成30年9月2日
特別展
大内氏の興亡と毛利氏の隆盛-海峡の戦国史 第1章
平成30年10月20日~平成30年12月9日
※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。
 
企画展示
展示名称 会期(予定)
明治維新150年記念企画展
幕末のメディアと下関
平成30年3月17日~平成30年5月20日
明治維新150年記念企画展
下関のラストサムライ
平成30年5月26日~平成30年7月1日
企画展 長府藩の能と茶の湯 平成30年9月8日~平成30年10月14日
企画展 海峡往来-海道・街道の十字路 平成30年12月15日~平成31年2月17日
企画展 長門国府から長府へ 平成31年2月23日~平成31年4月21日
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

公式アプリをダウンロードした方で、企画展示及び特別展示をご覧になった方は、企画展示室前でスタンプ(龍馬の印鑑)をゲットできます。ぜひ、スタンプを4個集めて坂本龍馬のクリアファイルを手に入れてください。
公式アプリの詳細はこちら

現在開催中の展示

特別展示『大内氏の興亡と毛利氏の隆盛―海峡の戦国史 第1章』

 中世後期の下関地域は、大内氏、毛利氏という西日本を代表する戦国大名のもとで繁栄します。
 14世紀半ばに長門国に進出した大内氏は、重臣を守護代に起用して当地を治めるとともに、赤間関(下関)を拠点に明・朝鮮と通交しました。しかし16世紀半ばに至り、大友氏出身の当主義長が長府で自刃したことで、大内氏は滅亡のときを迎えます。
 大内氏に替わり下関地域の統治者となった毛利氏は、赤間関を直轄関とし、大陸から訪れた人々を通じて、海外の物産を入手しました。
 本展では、海峡を舞台に繰り広げられた大名の栄枯盛衰や、統治者の交替という歴史の転換点に立ち会った下関地域の人々のたどった軌跡を紹介します。
 これらの展示により、激動の時代に生きた人々の息吹を感じ取っていただければ幸いです。
 
   



《会 期》平成30年10月20日(土)~12月9日(日) 
     【前期】10月20日~11月18日(日)【後期】11月20日(火)~12月9日(日)
《休館日》毎週月曜日
《チラシ》こちらからダウンロードしていただけます。
《資料目録》こちらからダウンロードしていただけます。

《主な展示資料》
資料名 指定文化財 所蔵
大内氏勘合貿易資料 木印 日本国王之印 重要文化財 毛利博物館
大内氏勘合貿易資料 朱漆雲龍鎗金印箱 重要文化財 毛利博物館
大内氏勘合貿易資料 大内義長証拠状 重要文化財 毛利博物館
長門国守護職次第   住吉神社
大内義弘坐像 山口県指定文化財 洞春寺
大内盛見坐像 山口県指定文化財 洞春寺
大内持盛坐像 山口県指定文化財 洞春寺
白衣観音図 山口県指定文化財 三恵寺
楊柳観音坐像 山口県指定文化財 功山寺/当館寄託
虚庵玄寂行録 下関市指定文化財 功山寺/当館寄託
湖亭春望図 雪舟筆 山口県指定文化財 吉川史料館
門司氏系図 福岡県指定文化財 北九州市立いのちのたび博物館
源氏物語   吉川史料館
内藤興盛画像   善生寺
安芸国高田郡吉田村図   東行庵/当館寄託
毛利元就御座備図 下関市指定文化財 当館
毛利元就画像 下関市指定文化財 当館
尼子経久画像 山口県指定文化財 山口県立山口博物館
毛利元就書状   個人
大内義隆書状   山口大学図書館
大内晴英(義長)書状   萩博物館
イエズス会宣教師書簡集   大分市歴史資料館
芸州厳島御一戦之図   山口県文書館
毛利元就伝 全   当館
理界曼荼羅・智界曼荼羅 山口県指定文化財 神上寺/当館寄託
内藤隆春寄進状   神上寺
日幡神社棟札 下関市指定文化財 日幡神社/豊田文化財資料室寄託
村上武吉書状   個人/当館寄託
※会期中、一部展示替えを行います。

<関連イベント 特別展示ミニ講座>
[場 所]下関市立歴史博物館ガイダンス交流室
[日 時]平成30年10月27日(土)・11月24日(土) 10:30~11:30
[参加料]無料・事前予約なし
[担 当]学芸員 岡松仁
[内 容]大内氏・毛利氏と戦国時代の下関について

【開催予定】次回企画展示『海峡往来-海道・街道の十字路

Contents menu

RSS Category

下関市立歴史博物館専用アプリ

下関市立歴史博物館公式アプリ(無料)
ページ最上部へ