企画展示 企画展示のご案内

展示前室

平成30年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示
展示名称 会期(予定)
明治維新150年記念特別展
海峡の幕末維新
平成30年7月7日~平成30年9月2日
特別展
大内氏の興亡と毛利氏の隆盛-海峡の戦国史 第1章
平成30年10月20日~平成30年12月9日
※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。
 
企画展示
展示名称 会期(予定)
明治維新150年記念企画展
幕末のメディアと下関
平成30年3月17日~平成30年5月20日
明治維新150年記念企画展
下関のラストサムライ
平成30年5月26日~平成30年7月1日
企画展 長府藩の能と茶の湯 平成30年9月8日~平成30年10月14日
企画展 海峡往来-すべての「道」は海峡に通ず 平成30年12月15日~平成31年2月17日
企画展 長門国府から長府へ 平成31年2月23日~平成31年4月7日
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

公式アプリをダウンロードした方で、企画展示及び特別展示をご覧になった方は、企画展示室前でスタンプ(龍馬の印鑑)をゲットできます。ぜひ、スタンプを4個集めて坂本龍馬のクリアファイルを手に入れてください。
公式アプリの詳細はこちら

 

2019年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示
展示名称 会期(予定)
赤間関市誕生130年記念特別展
下関の鉄道物語
2019年7月20日~2019年9月23日
毛利秀元生誕440年記念特別展
関ヶ原―天下分け目と毛利氏の戦い
2019年10月1日~2019年12月1日
※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。
 
企画展示
展示名称 会期(予定)
企画展 長門国府から長府へ 2019年2月23日~2019年4月7日
高杉晋作生誕180年記念企画展
晋作と龍馬
2019年4月13日~2019年6月2日
企画展 源平合戦と下関 2019年6月8日~2019年7月15日
企画展 幕末長州藩の戦いと戦術 2019年12月7日~2020年2月2日
企画展 下関の文化財-美術工芸品を中心に 2020年2月8日~2020年4月5日
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

現在開催中の展示

企画展示『長門国府から長府へ-城下町成立前史』

古来、長門国の政治的中心地であった長府。山陽道が貫くこの地には、国司が政務をとる国庁を中心に都市が形成されました。都市は、長門の「国府」、「府中」などと呼ばれ、武家政権が誕生すると守護も拠点(「守護所」)を置くことになります。
また、長門国の二宮(忌宮神社)をはじめ、多くの寺社が存在した長門国府は、宗教都市としての側面ももっていました。国府の住人たちは、町を形成して寺社の祭礼を担ったほか、活発な経済活動を行います。
さらに、長門国府に属した職人の系譜を引く人々は、律令国家が衰退し、武家の統治者が移り変わるなかでも、たくましく生きていました。
本展では、古代から長門国の中心であった長府の都市的性格の変遷や、人々の営みを紹介します。

《会 期》平成31年2月23日(土)~平成31年4月7日(日) 
《休館日》毎週月曜日

《主な展示資料》
★長門国鋳銭遺物(下関市立歴史博物館蔵、重要文化財)
古代の長府で銭貨「和同開珎」を造るために用いられていた道具類です。長府が古代国家の経済を支えていたことを示す資料であり、国の重要文化財に指定されています。


★板絵頂相(日頼寺蔵・下関市立歴史博物館寄託)
全国的にも珍しい、板に画かれた禅僧の肖像画です。今回は、赤外線撮影した画像を一緒に展示しますので、通常肉眼では見えにくい部分まで確認することができます。

<関連イベント ミニ講座>
[場 所]下関市立歴史博物館ガイダンス交流室
[日  時](1)平成31年2月23日(土)10:30~11:30
      政治都市としての長府
       (2)平成31年3月23日(土)10:30~11:30
      古代~中世の長府と寺社

[参加料]無料・事前予約なし
[担  当]学芸員 岡松仁

長門国府チラシ1長門国府チラシ2

 

 

Contents menu

RSS Category

購入方法

ミュージアムグッズの郵送販売を承っております。図録・刊行物のページにあります申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、購入刊行物の合計金額分の現金書留とともに下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいたミュージアムグッズは、送料着払いで送付いたします。
ページ最上部へ