企画展示 企画展示のご案内

展示前室

平成29年度 特別展示・企画展示スケジュール

特別展示
展示名称 会期(予定)
坂本龍馬没後150年記念特別展
龍馬がみた下関
平成29年10月14日~平成29年12月10日
特別展
朝鮮通信使-日韓の平和構築の歴史
平成30年2月3日~平成30年3月11日
※特別展示の観覧料は、別に定めます。
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。
 
企画展示
展示名称 会期(予定)
高杉晋作没後150年記念企画展
焦心録-晋作が翔けた下関
平成29年4月1日~平成29年5月28日
企画展 田上菊舎 平成29年6月1日~平成29年7月30日
企画展 下関の日蘭交流 平成29年8月5日~平成29年10月9日
企画展
戦国大名毛利元就-元就から元清・秀元へ-
平成29年12月16日~平成30年1月28日
企画展 幕末のメディアと下関 平成30年3月17日~平成30年5月6日
※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。

特別展「下関のオランダ宿-本陣伊藤家と佐甲家-」

古代以来、下関は国内外の人々が往来し、交流する場所でした。近世に入り、外国との通交が制限されるなかでも、下関にはオランダ商館長や朝鮮通信使が滞在し、さまざまな人々と交流しました。
そのような近世下関の本陣・大年寄を務め、オランダ商館長が宿泊するオランダ宿として知られていたのが、伊藤家及び佐甲家でした。両家は中世から下関を代表する町衆として活躍しました。さらに近世になると、本陣及び大年寄として町人の指導者的な役割を担いつつ、下関を訪れたさまざまな人々と交流します。たとえば、オランダ商館長に随行し下関を訪れたシーボルトは、両家から歓待を受けたことを記録に留めています。
本展は、当地における両家の両家の役割、並びに両家を舞台とした人々との交流について紹介するものです。本展が近世下関の理解の一助となれば幸いです。

第1章 オランダ商館長の江戸参府と下関
オランダ商館長一行の江戸参府は、近世を通じて166回を数える。下関には各地から学者が集まり、商館長一行と学術交流を行って蘭学や国際情報を入手し、商館長一行は彼らから日本の情報を得ていた。そのため、伊藤・佐甲の両家は西洋文化のサロン的な性格をもつに至った。両家を舞台として行われた異文化交流は、潜在化した下関の国際性が顕現するきっかけの一つとなったのである。
主な展示資料  
富嶽松図 個人
農夫図扇面 個人
奥平昌高蘭文詩 個人
ブロンホフ筆 奥平昌高賛詩 個人
山口行斎遺品 蘭語医学書 個人


第2章 中世の伊藤家と佐甲家
伊藤・佐甲の両家は、中世から町政や流通経済に精通し、対外通交への関与もうかがわれる。近世に大年寄・本陣を務め、交流の舞台として知られるようになる土壌は、この頃にできあがっていたといえる。中世以来両家が積み重ねた交流の軌跡は、中世下関の国際性を際立たせるとともに、近世下関の国際性発露のきっかけをつくることになったのである。
主な展示資料  
後花園天皇口宣案 個人
阿弥陀寺養専書状 個人
村上元吉書下 個人
豊臣秀吉朱印状 個人
豊臣秀次朱印状 個人

 
第3章 長府藩の成立と本陣家
関ヶ原の合戦後、下関の統治にあたり、長府藩は中世以来の有力者であった伊藤家と佐甲家を大年寄・本陣に任じた。阿弥陀寺町の伊藤家と西南部町の佐甲家は、東の伊藤、西の佐甲と並び称され、中世以来、諸税の徴収や町衆の指揮にあたっていた。長府藩から特権的な身分を保証された両家は、歴史的に蓄積されたノウハウを活かして町政を担うことになる。また、両家は各地のヒト・モノで賑わう下関の町人たちの中心に立ち、さまざまな商業活動に従事しており、その痕跡は両家の贈答品などからうかがうことができる。
主な展示資料  
毛利秀元知行宛行状 個人
赤間関人別帳 個人
伊藤家間取図 個人
宗義成書状 個人
立花宗茂書状 個人







 


第4章 伊藤家を訪れた人々
近世社会における本陣家は、参勤交代で下関を通過する大名をはじめとして、さまざまな人々が滞在し、交流する場であった。とりわけ、海陸交通の要衝であり、外国の使節が通行した下関の本陣家は、多様な人々の交流の舞台となり、その足跡を今に伝えることになった。ここでは、東の本陣伊藤家に関わる文物から、人々の交流の軌跡を紹介する。
主な展示資料  
朝鮮船対馬入湊図 個人
対州城下之図 個人
小笠原様御旅館図 個人
空月庵むだ袋 個人
架鷹図 個人








 
会期 平成29年2月10日(金)から
平成29年3月26日(日)まで
観 覧 料 一  般 400円(320円)
大学生等 200円(160円)
※( )内は20名以上の団体料金
※観覧料が無料となる方は、博物館案内でご確認ください。

Contents menu

RSS Category

図録紹介(下関市立歴史博物館...

常設展示図録5­0­0­円下関市立歴史博物館の開館を記念して刊行したものです。当館が収蔵する古代~近代の代表的な資料を紹介しています。下関のオランダ宿-­本陣伊藤家と佐甲家-­1­,0­0­0­円平成28年度開催の特別展「オランダ宿-本陣伊藤家と佐甲家-」の図録。近世下関における伊藤・佐甲家の役割、並びに両家を舞台とした人々の交流について紹介するものです。
ページ最上部へ