SHIMOHAKU Web Site(ブログ) http://www.shimohaku.jp/ 下関の歴史遺産のネットワーク化をはじめ、市民とともに創り育てる博物館を目指します。 ja shimohaku Copyright2017 2017-12-18T11:25:56+09:00 hourly 1 2017-12-18T11:25:56+09:00 SHIMOHAKU Web Site(ブログ) http://img01.ecgo.jp/usr/shimohaku/img/160922111021.jpg http://www.shimohaku.jp/ 240 160 下関の歴史遺産のネットワーク化をはじめ、市民とともに創り育てる博物館を目指します。 「企画展 戦国大名毛利元就」開幕! http://www.shimohaku.jp/blog171216101940.html さて、本日から、「企画展 戦国大名毛利元就―長府毛利家のルーツ」が開幕いたしました。

本展示は、江戸時代を通じて下関市域を治めた長府毛利家の祖で、戦国大名として著名な毛利元就に焦点を当てたものです。

毛利家とはどのような家なのか?
元就はどのようにして下関を治めることになったのか?

博物館で、さまざまな資料によって跡付けられた元就の足跡をぜひご確認ください! ]]>
歴史博物館 shimohaku 2017-12-16T10:09:40+09:00
特別展「龍馬がみた下関」が終わりました。 http://www.shimohaku.jp/blog171211062949.html 10月14日~12月10日までに、全国の多くの方々にお越しいただき誠にありがとうございました。
今後も、龍馬ゆかりの地・下関の歴史博物館として、下関で色々な一面を見してくれた龍馬を紹介していきたいと思っています。


次回企画展 「戦国大名毛利元就」 平成29年12月16日~平成30年1月28日についても、皆様のご来館をお待ち申し上げております。

特別展タぺ























]]>
企画展示案内 shimohaku 2017-12-11T06:24:23+09:00
次回企画展のご案内 http://www.shimohaku.jp/blog171201184955.html 今回は、12月16日(土)から始まる企画展について、ご案内させていただきます。

展示のタイトルは、「戦国大名毛利元就-長府毛利家のルーツ」です。
本展示では、毛利氏のうち、智将として名高い毛利元就にスポットを当て、毛利氏の来歴や下関との関わりについてご紹介します。

暖かい歴史博物館で、戦国時代に思いを馳せてみてはいかがでしょう。 ]]>
企画展示案内 shimohaku 2017-12-01T18:40:10+09:00
特別展「龍馬がみた下関」見どころ(5) http://www.shimohaku.jp/blog171127163341.html
さて、本日も、あと2週間で会期終了となる特別展「龍馬がみた下関」の見どころを紹介します。
龍馬の写真を展示!
龍馬写真
















下関の本陣伊藤家に伝世した坂本龍馬の写真です。
革靴を履き、懐に手を入れて立つ龍馬が撮影された有名な写真になります。
この写真は、昭和3年(1928)に建立された高知県桂浜の坂本龍馬像の原型となりました。

12月10日(日)までの2週間限定で公開いたしますので、ぜひこの機会にご覧ください。

]]>
企画展示案内 shimohaku 2017-11-27T16:17:29+09:00
特別展「龍馬がみた下関」の見どころ(4) http://www.shimohaku.jp/blog171120081725.html
さて、本日は11月14日(火)から始まった後期展示での見どころを紹介したいと思います。
龍馬、幕長戦争を語る!
崎陽新聞








写真は、慶応3年(1867)2月、荘村助右衛門(肥後藩士)が佐々布左内(肥後藩士)に宛てた書状です。坂本龍馬が、慶応2年(1866)7月27日に肥後藩兵と戦った長州兵から聞いた話を、荘村に伝えた内容が記されています。
慶応元年(1865)5月以降、長州藩内では軍制改革が実行され、最新鋭の武器を用いた散兵戦術が教育されます。その特徴は、兵卒の各人が戦況を把握し、独自に判断して、効果的な攻撃をすることでした。
しかし、龍馬は、奇兵隊の一小隊長山田鵬助が戦死し、指揮者が不在になると、兵卒が茫然自失となり状況把握ができない状態に陥ったため、長州側に多数の死傷者が出たことを聞き取っています。従軍した長州兵から貴重な体験を聞いた龍馬の話は、長州勢が導入した最先端の戦術が、短期間の教育では一兵卒まで浸透しておらず、散兵戦術が機能していなかったことを教えてくれます。

長州勢が圧勝したと説明されることが多い幕長戦争ですが、必ずしもそうではなかったことがわかります。
]]>
企画展示案内 shimohaku 2017-11-20T08:14:19+09:00
特別展ミニ講座を開催しました。 http://www.shimohaku.jp/blog171111150014.html 多くの皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。

「手紙からみる龍馬と下関の関係」と題して、龍馬の手紙からみる下関との深い関係をお話ししました。龍馬が手紙の中で使った「帰る」という言葉には、その時々に本拠地とした場所へ戻る際に使われることが多いのでは…という内容でした。

熱心にメモをとられている方、早速特別展示で展示されている手紙をご覧になる方など、少しはみなさまにご満足いただけたかな…と思います。

なお、ミニ講座は、特別展示の最終日、12月10日(日)にも開催いたします。
「下関にのこる龍馬エピソード」と題してお話させていただきます。
ご興味のある方は、ぜひご参加ください。
よろしくお願い申し上げます。

ちなみに、11月14日(火)からは後期展示となり、一部資料の入れ替えがございます。
一度来られた方も、ぜひご来館いただけると幸いです。
詳細は、企画展示のページでご確認ください。

ミニ講座1




















]]>
企画展示案内 shimohaku 2017-11-11T14:48:26+09:00
特別展「龍馬がみた下関」の見どころ(3) http://www.shimohaku.jp/blog171104182736.html ランナーのみなさんは、関門海峡の空気を感じて走られることでしょう。

当館では、まだまだ特別展「龍馬がみた下関」が開催中です。
来館者のみなさまが、龍馬の手紙を食い入るように見られていて、本当にうれしい限りです。
それでは、本日も特別展の見どころをご紹介したいと思います。
坂本龍馬は長府藩の軍師?
龍馬が軍師




















近年、存在が確認された坂本龍馬が伊藤九三に宛てた手紙で、下関に到着した龍馬が、稲荷町の大坂屋でお酒を呑んでいることを報じたものです。
内容は簡単なものですが、後年に記された添書には、明治27年(1894)に伊藤家から本書状をもらい受けたこと、龍馬が長府藩主に召し抱えられた有名な軍師であったことが記されています。

龍馬は長府藩の政治(萩藩と長府藩の確執など)・経済(長府藩と土佐藩の交易など)に関与しており、長府藩の世子(毛利宗五郎)をはじめ、長府藩の政府役員が龍馬を頼りにしていた一面が見受けられます。
そのような関係から、添書に「有名ノ軍師也」と書かれたのかもしれません。

あくまでも後年に書かれた添書ですが、龍馬と長府藩の関係を示す興味深いだと思います。
]]>
企画展示案内 shimohaku 2017-11-04T18:08:06+09:00
特別展「龍馬がみた下関」の見どころ(2) http://www.shimohaku.jp/blog171028071611.html そんな時は、当館でゆっくり坂本龍馬の手紙を眺めてみませんか。
自身の置かれた状況、手紙の相手などにより、その書きぶりが違うことに気づくはずです。

さて、本日も、特別展の見どころをご紹介したいと思います。
龍馬の印鑑が押された資料が全て揃う!
龍馬の印鑑



(才谷梅太郎)

・坂本龍馬俚謡
・坂本龍馬書状 伊藤九三宛 慶応3年5月7日付(11月12日まで展示)
・坂本龍馬書状 三吉慎蔵宛 慶応3年5月8日付
数ある龍馬の資料で、印鑑が押されたものは3点のみですが、現在は全てを公開しています。
珍しい龍馬の印鑑を間近でご覧になってみてはいかがですか?
特別展の詳細はこちら

ちなみに、公式アプリをダウンロードした方で、企画展示及び特別展示をご覧になった方は、企画展示室前でスタンプ(龍馬の印鑑)をゲットできます。ぜひ、スタンプを4個集めて坂本龍馬のクリアファイルを手に入れてください。特別展の会期中だけではありませんので、いつでもスタンプはゲットできます。
ただし、スタンプは1日1個までしかゲットできませんので、今回の特別展に限らず何度も当館に足を運んでいただければ幸いです。
公式アプリの詳細はこちら ]]>
企画展示案内 shimohaku 2017-10-28T06:57:16+09:00
特別展「龍馬がみた下関」の見どころ(1) http://www.shimohaku.jp/blog171022082359.html 多くの方々にご来館いただき、誠にありがとうございます。

さて、本日は、特別展の見どころをご紹介したいと思います。

薩長盟約に関する新史料を初公開!
京坂書通写(鳥取県立博物館蔵)
薩長盟約新史料
















慶応2年(1866)2月7日、鳥取藩の京都留守居役が国許に送った書状の写し。
坂本龍馬・薩長盟約・寺田屋事件の情報が記されている。
・注目点
(1)坂本龍馬が薩長盟約に関する書面を所持していた(龍馬が薩長盟約に関与していた)。
(2)長州藩が率兵上京した際、薩摩藩が会津藩を排除することを約束した返書があった(口約束ではなく、両藩が書面で確認していた)。
(3)薩摩藩と長州藩が協力関係になったことを諸藩が知ることとなった(諸藩の動向に影響を与える)。 
などなど

ぜひ、この機会に、みなさんもご覧になってください。
薩長盟約の新しい一面が見えてくるかもしれません。
]]>
企画展示案内 shimohaku 2017-10-22T08:08:26+09:00
特別展「龍馬がみた下関」開催! http://www.shimohaku.jp/blog171014071510.html ぜひ、この機会に龍馬と下関の深い関係を知っていただければ幸いです。
展示内容については、企画展示のページをご覧ください。

龍馬ベンチ






















龍馬ともども皆様のお越しをお待ちしております。 ]]>
歴史博物館 shimohaku 2017-10-14T07:09:51+09:00
展示替えのお知らせ http://www.shimohaku.jp/blog171011100649.html 歴史博物館常設展の展示替えを行いました。

中世のコーナーでは、室町時代に長府で活躍した刀鍛冶の作品を展示しています。
打刀
近世のコーナーでは、ガイダンス交流室に設置したマップテーブルの原図のほか、下関の人々が遺した書画を展示しています。
弘化3年屋敷割図文芸
近代のコーナーでは、金毘羅山にあった堡塁砲台の模型が久々に登場。             
金毘羅山
エピローグでは、吉田初三郎が描いた「長府鳥観図」を展示しています。
「パノラマ絵師」として知られた初三郎が描く、昭和8年当時の長府の様子をお楽しみください。
長府鳥観図(1)長府鳥観図(2)
今週末からは、いよいよ坂本龍馬没後150年記念特別展がスタートします。
ぜひ、歴史博物館にご来館ください。

]]>
歴史博物館 shimohaku 2017-10-11T09:52:13+09:00
特別展「龍馬がみた下関」について(4) http://www.shimohaku.jp/blog171004181530.html 今日は、会期中の来館者の皆様への特典をご紹介します。会期中歴史博物館では、なんと龍馬と一緒に写真撮影をすることができます!歴史博物館公式アプリをダウンロードして、館内に設置された撮影コーナーにカメラを向けると龍馬が現れます。
皆様この機会にぜひ龍馬と記念撮影をされてはいかがでしょうか。
龍馬と記念撮影2
]]>
企画展示案内 shimohaku 2017-10-04T17:47:33+09:00
イベントのご案内 http://www.shimohaku.jp/blog171001094840.html 寒暖の差による体調変化にお気を付けください。

さて、東行記念館では11月23日(木・祝)にイベントを開催します。
詳しくはHPもしくはチラシ、東行記念館へ電話(038-284-0212)などにてご確認ください。
なお、予約は本日より開始いたします。
定員に達し次第受付を終了といたしますので、参加ご希望の方はお早目にご予約ください。

また、先日より東行記念館では常設企画展「奇兵隊戦記―前篇」が始まりました。
会期は12月24日(日)までですので、こちらもぜひご覧いただければ幸いです。
皆様のご来館心よりお待ち申し上げます。 ]]>
東行記念館 shimohaku 2017-10-01T09:47:50+09:00
特別展「龍馬がみた下関」について(3) http://www.shimohaku.jp/blog170910081132.html さて、秋といえば、博物館では特別展のシーズンです。
このたびは、特別展のチラシが完成しましたので、ご紹介いたします。
なお、会期は、平成29年10月14日(土)から12月10日(日)となります。

龍馬チラシ表龍馬チラシ裏






















チラシは、企画展示のページからダウンロードできます。

特別展の見どころ
(1)坂本龍馬の手紙や遺品など、龍馬関係資料を49点紹介いたします(一部展示替えあり)。

特別展会期中の特典
(1)来館された方は、坂本龍馬が座るベンチで記念撮影ができます。
(2)来館された際、博物館公式アプリをダウンロードしている方に限り、坂本龍馬(立像写真)と一緒に写真撮影ができます。 ]]>
企画展示案内 shimohaku 2017-09-10T08:01:08+09:00
下関の最新情報をお待ちしています! http://www.shimohaku.jp/blog170722143050.html さて、今回は歴史博物館内の設備をご案内します。

博物館に入って左側に、ガイダンス交流室があります。
こちらでは、市内各地の空からの眺めを楽しむことができる〝海峡VIEW”をご利用いただけるほか、各種観光パンフレットなどを提供させていただいています。

このガイダンス交流室の一角に、市内の観光情報をご案内するスペースがあることをご存知でしょうか?
情報コーナー1情報コーナー2
こちらでは、市内のイベントや観光地の情報をご覧いただけます。
現在は、来月に迫った忌宮神社の数方庭祭や関門海峡花火大会などの情報や、市内の観光地の風景をご紹介しています。
このほか、皆様からお寄せいただいた市内のイベント情報や景観写真についても掲示させていただきたいと思っていますので、もしチラシ・ポスターや景観写真の掲示を希望される方は、ぜひ歴史博物館までお問合せ下さい。 ]]>
歴史博物館 shimohaku 2017-07-22T13:59:29+09:00
公式アプリについて http://www.shimohaku.jp/blog170406133946.html
4月に入って暖かくなり、ようやく歴史博物館の周辺にある桜も咲き始めました。
もう少しで満開を迎えるのではないでしょうか。

さて、このたびは下関市立歴史博物館の公式アプリ「ワクワク れきはく」についてお知らせします。
下関の歴史を身近に観て感じていただきたく、無料で使えるアプリを作成しました。
・常設展示解説
 ARタグがある展示資料については、スマートホンで展示解説をご覧になれます。
 英語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)・韓国語にも対応しています。
・スタンプラリー
 企画展示・特別展示をご覧になられた方で、スタンプを4個ゲットすると、景品と交換します。
・道中案内
 市内関連施設の紹介をしています。歴史博物館からのルートなどがわかります。
・360°ビュー
 歴史博物館・日清講和記念館・東行庵など、各所の「ある場所」の景色を楽しめます。
・最新情報をGET
 企画展や特別展、その他の最新情報を皆様にお届けいたします。

ぜひ、みなさんダウンロードしてみてください。
page0113.html

まだまだ、機能は不十分かと思いますが、今後も少しずつ機能を改善・追加し、充実させていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
]]>
歴史博物館 shimohaku 2017-04-06T13:23:13+09:00
平成29年度の特別展・企画展スケジュールについて http://www.shimohaku.jp/blog170311074141.html また、花粉症のみなさまにはつらい季節になってまいりました。私も日々悩まされています…

さて、今回は平成29年度の展示スケジュールについてお知らせいたします。
みなさまに楽しんでいただけるよう様々なジャンルの展示を行いたいと思い、スケジュールを考えてみました。
詳しくはこちら  page0108.html

ゴールデンウィーク・夏休み等の計画の1つに加えていただけると幸いです。 ]]>
企画展示案内 shimohaku 2017-03-11T07:33:46+09:00
開館しました。 http://www.shimohaku.jp/blog161122204927.html 当日は午前中に250人を超える博物館関係者にご出席いただき、開館記念の式典、そしてテープカットが盛大に執り行われました。また、13時からは一般公開も始まり、多くの方々が来館されました。
今後は、博物館職員一同、地域の方々に愛される博物館を目指して、博物館運営に取り組んでまいりたいと思います。
不慣れな点もあり、皆さまにはご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、歴史博物館へご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
テープカット ]]>
歴史博物館 shimohaku 2016-11-22T20:36:56+09:00