ブログ blog page

企画展「サムライの装い―下関ゆかりの武具―」7

2022-06-25 (Sat) 09:44
歴史博物館企画展「サムライの装い―下関ゆかりの武具―」資料紹介。
清正1

こちらは「脇指 銘 長州阿川住人二王清正」
二王派の刀工である清正が作った脇指です。
二王派とは、鎌倉時代頃に周防国で始まった一派です。「二王」の由来は、刀工の居住地が周防国吉敷郡の仁保荘(山口市仁保)だったことや、仁王堂が兵火にあった際に刀で鉄の鎖を斬って仁王像を救出したことなどとされています。
この脇指には「慶安二年(1649)二月日」と、「長州阿川住人」という銘があるため、江戸時代始め頃に現在の下関市豊北町阿川で作られたものであることがわかります。二王派の刀工たちが周防国から長門国に活動の範囲を移していることがうかがえます。
清正2

清正3

清正は、このころ阿川にやってきた萩藩一門毛利元景に仕えた刀工だったのかもしれません。
また、企画展では幕末の長府藩の二王派刀工が制作した刀も展示しています。

Contents menu

RSS Category

情報検索サービス(下関市立歴...

​博物館が収蔵する資料の情報を検索することができます。また、市内各施設の情報、イベント、見所などの基本情報を閲覧することもできます。地域学習やまち歩きにご利用ください。なお、館内のみの利用となるため、閲覧できるパソコンに限りがありますので、譲り合ってご利用ください。
ページ最上部へ