ブログ blog page

企画展「サムライの装い―下関ゆかりの武具―」6

2022-06-20 (Mon) 17:00
歴史博物館企画展「サムライの装い―下関ゆかりの武具―」資料紹介。
顕国1

こちらは「刀 銘 長州住顕国」
顕国という刀工が作った刀です。
顕国は、長府近辺で活動したといわれる刀工。顕国の父とされる安吉という刀工は、元々筑前国で活動していましたが、長門国長府に移住して長州左文字派といわれる一派の祖となりました。
「顕国」という銘のある刀は、室町時代の応永年間(1394~1427)の始め頃から約50年間にわたり確認されています。そのため、同じ名前が何代かにわたって続いたと考えられています。
顕国2

顕国3

この刀にある応永4年(1397)という銘は、顕国のなかでも最初期のものであるため、初代の作品とみられます。

Contents menu

RSS Category

情報検索サービス(下関市立歴...

​博物館が収蔵する資料の情報を検索することができます。また、市内各施設の情報、イベント、見所などの基本情報を閲覧することもできます。地域学習やまち歩きにご利用ください。なお、館内のみの利用となるため、閲覧できるパソコンに限りがありますので、譲り合ってご利用ください。
ページ最上部へ