ブログ blog page

企画展「殿様アート」7

2022-02-19 (Sat) 10:29
企画展「殿様アート」資料紹介です。
元矩1

こちらは5代長府藩主毛利元矩の作品です。
「秋の田の かりほの庵の とま(苫)をあらみ わかころもて(衣手)ハ つゆ(露)にぬれつゝ」
秋の田んぼで泊まり込みの番をする百姓の姿が詠まれています。
この歌は、奈良時代ごろに成立したとされる歌集「万葉集」に収められています。元々は詠み人知らずだったようですが、のちに天智天皇の作とされるようになったようです。
殿様たちはこのように先人たちの作品を筆写しながら、筆跡の修練を積み、教養を深めていったのです。

さて、元矩はこの歌に鳥と草花の絵を添えているのですが、その鳥の視線の先をよーく見てください。何かがいます。
元矩2

これは何でしょうか?鳥に捕食されようとしている虫?  
元矩は、藩主在任わずか6年で亡くなってしまいますが(元矩死後長府藩は一時断絶)、その間に家蔵の古い筆跡の整理などをおこなっています。
もしかすると独特のセンスをもった殿様だったのかもしれない…そんなことを想像させるなんとも不思議な作品です。

Contents menu

RSS Category

購入方法

図録等刊行物、講座テキスト及びミュージアムグッズの郵送販売を承っております。なお、ミュージアムグッズのページはこちらです。下記の申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、購入刊行物の合計金額分の定額小為替もしくは現金書留とともに下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいた刊行物等は、原則送料着払いで送付いたします。なお、発送方法については、レターパックまたは定形外郵便での対応も可能です。ご希望の方は、必ず事前にご相談ください。(送料分の切手やレターパックを送っていただく必要があります。)※下記の申込書をダウンロードしてください。(1­)図録刊行物購入申込書(p­d­f­)(2­)図録刊行物購入申込書(.­.­.­
ページ最上部へ