ブログ blog page

串崎城―長府に築かれた幻の城(5)

2021-06-19 (Sat) 13:19
企画展「串崎城―長府に築かれた幻の城」展示中の長府の絵はがきです。
近代以降の長府の景観を伝えています。
写っているのは、
・外浦(現在の関門医療センター辺り)から串崎城跡を見た風景
満干1

・串崎城への入口の1つである三軒屋
満干2

・忌宮神社の東鳥居
満干3

・長府方面と下関方面を結ぶ山陽電気軌道の電車
 満干4
 
 さて、全ての写真にあるものが写り込んでいることにお気づきでしょうか?
 
どの写真にも長府沖にうかぶ満珠・干珠という小島がみえます。
忌宮神社の飛地境内である満珠・干珠は、昔から長府の名所として知られていました。
江戸時代に城下町長府にやってきた人も、満珠・干珠を臨む海浜の景色が素晴らしいと絶賛しています。
また、当時は国道9号線あたりが海岸線だったのですが、特に長府松原町辺りは砂浜に松が立ち並ぶ景勝地だったといわれています。
海に面した城下町長府ならではの見どころですね。

Contents menu

RSS Category

購入方法

図録等刊行物、講座テキスト及びミュージアムグッズの郵送販売を承っております。なお、ミュージアムグッズのページはこちらです。下記の申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、購入刊行物の合計金額分の定額小為替もしくは現金書留とともに下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいた刊行物等は、原則送料着払いで送付いたします。なお、発送方法については、レターパックまたは定形外郵便での対応も可能です。ご希望の方は、必ず事前にご相談ください。(送料分の切手や現金を送っていただく必要があります。)※下記の申込書をダウンロードしてください。(1­)図録刊行物購入申込書(p­d­f­)(2­)図録刊行物購入申込書(x­l­s­x­.­.­.­
ページ最上部へ