ブログ blog page

東行忌&東行記念館イチオシ資料紹介!1.5

2021-04-14 (Wed) 15:45

皆様こんにちは!東行記念館です。

本日は高杉晋作の命日です。
東行記念館のある東行庵境内では、本日東行忌が行われました。
東行忌は、晋作の命日に合わせ行われている慰霊祭で、毎年多くの方が参列される行事ですが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、本年も規模を縮小しての開催でした。

今回は晋作の晩年と、現在開催中の企画展「高杉晋作、逆境に挑む」で展示中の資料「高杉晋作詠草」についてご紹介したいと思います。
幕長戦争の最中、慶応2年(18668月、晋作は肺の病の悪化によって戦線を離脱し、下関で療養生活に入りました。
同年10月には、櫻山招魂場(現在の櫻山神社)下に「東行庵(捫蝨処(もんしつしょ))」と号した小屋を建て、移り住んでいます。

詠草











現在展示室で展示中の本資料は、療養中に詠んだと考えられる詠草です。
晋作は療養中に送った父宛の手紙において、「私事もこの節は病気を慰せん為、少々和歌の稽古ども致し居り候」と述べており、和歌を詠むことで病苦を和らげようとしていたと考えられます。

晋作は慶応3年(1867413日深夜に没しました。(命日は14日)
死の間際まで、農民の蜂起を気にかけ、山口へ行くとうわ言を呟き、藩の行く末を案じたといいます。
遺骸は遺言により吉田(下関市吉田)に葬られました。
現在、東行庵境内には晋作のお墓と晋作の親族や恋人のうの(梅処)の墓などがあり、晋作は家族とともに吉田清水山に眠っています。

当館にお越しいただき、晋作の生涯に思いを馳せていただければ幸いです。

Contents menu

RSS Category

購入方法

図録等刊行物、講座テキスト及びミュージアムグッズの郵送販売を承っております。なお、ミュージアムグッズのページはこちらです。下記の申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、購入刊行物の合計金額分の定額小為替もしくは現金書留とともに下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいた刊行物等は、原則送料着払いで送付いたします。なお、発送方法については、レターパックまたは定形外郵便での対応も可能です。ご希望の方は、必ず事前にご相談ください。(送料分の切手や現金を送っていただく必要があります。)※下記の申込書をダウンロードしてください。(1­)図録刊行物購入申込書(p­d­f­)(2­)図録刊行物購入申込書(x­l­s­x­.­.­.­
ページ最上部へ