ブログ blog page

企画展「清末毛利家」(2)

2024-03-10 (Sun) 09:33
企画展「清末毛利家」出品資料紹介。

稲葉書状案

こちらは、承応2年(1653)7月に、小田原藩主稲葉正則が江戸幕府大老へ送った書状の写しです。
この月、2代長府藩主毛利光広が、4歳の息子右京を遺して死去しており、本資料で正則は、右京への家督相続と、光広の弟である元知を分家独立させて右京の支えとすることを訴えています。
 
正則は、初代長府藩主毛利秀元の娘を正室としていました。元知の分家独立は、秀元の願いでもあったため、正則は親類としてその実現に奔走したのです。
親類大名の心強い支援の下、長府毛利家を支える家として、元知を初代とする清末毛利家が誕生したのでした。

Contents menu

RSS Category

博物館資料の特別観覧について

​学術研究および地域学習などに資するため、博物館資料の特別閲覧等のサービスを行っています。画像等の貸出・掲載、収蔵品の撮影・熟覧等に際しては、事前に観覧日の予約および特別観覧の申請が必要になりますので、博物館までご連絡ください。なお、特別観覧には別途料金が必要になります。区分特別観覧料(1­件につき)熟覧1­日2­1­0­円模写、模造等1­日1­,0­4­0­円撮影等モノクローム学術研究を目的とする場合1­回1­5­0­円出版等収益を伴う場合1­回1­,5­7­0­円カラー学術研究を目的とする場合1­回3­1­0­円出版等収益を伴う場合1­回3­,1­7­0­円複製1­回2­2­0­,0­0­0­円備考1.「1日」とは、博物館に入館して退館するまでとなります。2.「1回」とは、.­.­.­
ページ最上部へ