ブログ blog page

東行記念館「高杉晋作、逆境に挑む」イチオシ資料紹介!3-1

2021-05-01 (Sat) 09:52
皆様こんにちは!
東行記念館です! 
本日も企画展「高杉晋作、逆境に挑む」イチオシ資料をご紹介します。
本日ご紹介するのは、「大村益次郎書状」です。
 
大村書状







本資料は、慶応元年(1865)9月4日、外人応接掛の大村益次郎(村田蔵六)が出した指令書です。下関に入港する外国船への対応方針について書かれています。
大村は鋳銭司(山口市鋳銭司)出身の医学者・軍政家で、洋学・兵学に明るく長州藩の軍制改革に寄与した人物です。
元治元年(1864)8月14日、長州藩は連合国と講和条約を締結。下関戦争の敗北により、長州藩は、それまでの攘夷の方針を改めることとなります。
同日、長州藩では、下関の本陣佐甲家を借り上げ、応接場を設け外国人の応接に当たらせることにしました。その際、外人応接掛に起用されたのが、大村でした。大村は、外人応接掛として、外国船への薪水給与等を担いました。
 
一方、晋作は、元治元年8月5日、下関戦争が勃発すると、下関戦争の休戦交渉にあたることを命じられます。そして、8月8日の休戦交渉と8月14日の講和交渉に、萩藩家老の養子「宍戸刑馬」と名乗り、参加しました。8月18日、晋作は馬関応接役兼政務座を命じられており、大村が外人応接掛に就いた時期に、晋作も下関で、戦後処理等に従事していたと推測されます。
 
次回はそんな2人の交流についてご紹介します!

Contents menu

RSS Category

購入方法

ミュージアムグッズの郵送販売を承っております。下記の申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、ミュージアムグッズの合計金額分の定額小為替もしくは現金書留とともに、下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいたミュージアムグッズは、原則送料着払いで送付いたします。なお、発送方法については、レターパックまたは定形外郵便での対応も可能です。ご希望の方は、必ず事前にご相談ください。(送料分の切手や現金を送っていただく必要があります。)※下記の申込書をダウンロードしてください。(1­)ミュージアムグッズ購入申込書(p­d­f­)(2­)ミュージアムグッズ購入申込書(x­l­s­x­)問い合わせ先・申込先〒7­5­2­-­0­9­7­9­.­.­.­
ページ最上部へ