ブログ blog page

企画展「秋田寅之介と近代の関門海峡」見どころ紹介(4)

2020-12-07 (Mon) 16:21
開催中の企画展「秋田寅之介と近代の関門海峡」より、おすすめの資料を紹介していきます。
今回ご紹介するのは、「材木の見本帖」です。


材木見本帖材木見本帖2












(材木の見本帖/下関市観光スポーツ文化部観光施設課蔵)


こちらは旧秋田商会ビルに遺されていた資料です。一見すると扇子のようですが、実は一枚ずつ種類の異なる薄い木板が束ねられています。「唐檜」「姫小松」など、木の種類も記されており、木材を選ぶ際に使用した見本帖であることがわかります。

明治38年(1905)の秋田商会創立当初、木材は主要取扱商品のひとつでした。秋田寅之介が長年取り扱ってきた商品であること、日露戦争や戦後の占領地経営などで木材への需要が高まると予想されたことなどが理由です。秋田商会は国内で木材を買い付け、台湾や朝鮮などへ運搬。現地には製材所も設けました。
創業満15年となる大正9年(1920)、秋田商会は木材部を独立させ、秋田商会木材株式会社を創設しています。後に社名を東洋木材株式会社と変更し、さらに同社の青島支店を株式会社東洋木廠とするなど、秋田商会の木材関係事業は大きく発展しました。生涯を通して様々な分野の事業に携わった秋田寅之介ですが、木材の輸送・販売や製材は、その中核をなす事業であったと言えます。

 

Contents menu

RSS Category

企画展スケジュール

令和2­年度特別展示・企画展示スケジュール特別展示展示名称会期(予定)海峡に魅せられた幕末の英傑令和3­年3­月1­9­日~令和3­年5­月1­6­日・前期3­月1­9­日から4­月1­8­日まで・後期4­月2­0­日から5­月1­6­日まで※特別展示の観覧料は、別に定めます。※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。企画展示展示名称会期(予定)志士たちが遺したことば令和2­年5­月2­6­日~令和2­年8­月3­0­日中・近世の対外関係-国際都市下関の軌跡-令和2­年9­月5­日~令和2­年1­0­月2­5­日日本遺産「関門❝ノスタ.­.­.­
ページ最上部へ