ブログ blog page

企画展「秋田寅之介と近代の関門海峡」がはじまりました

2020-10-31 (Sat) 11:11

日本遺産「関門“ノスタルジック海峡」企画展「秋田寅之介と近代の関門海峡」が、本日から始まりました。

 

 秋田寅之介は、近代の下関を代表する実業家のひとりです。現在の宇部市出身で、明治26年(1893)、19歳の時に下関で回漕業を営んでいた秋田家に婿入り。日清戦争、日露戦争の影響や、交通の発達などにより賑わう下関で家業を発展させていきます。明治38年(1905)に寅之介が設立した秋田商会は、やがて国内外に20以上の支店を抱えるほどに成長しました。また、秋田商会の事務所兼住居として大正4年(1915)に竣工した旧秋田商会ビルは、現在も下関の人々に親しまれています。

 

 本展では、秋田寅之介の活躍を中心に、近代の関門地域の様子を紹介します。秋田家旧蔵資料を多数出品しておりますので、ぜひご覧ください。
 ※詳細は企画展のページをご覧ください


秋田1  秋田2

 

Contents menu

RSS Category

情報検索サービス(下関市立歴...

​博物館が収蔵する資料の情報を検索することができます。また、市内各施設の情報、イベント、見所などの基本情報を閲覧することもできます。地域学習やまち歩きにご利用ください。なお、館内のみの利用となるため、閲覧できるパソコンに限りがありますので、譲り合ってご利用ください。
ページ最上部へ