ブログ blog page

企画展見どころ紹介

2020-07-23 (Thu) 17:09
みなさんこんにちは!
後期展示がおこなわれている企画展「志士たちが遺したことば」の見どころ紹介です。
今日は「坂本龍馬書状 本陣伊藤家文書」。
後期展示の目玉である本陣伊藤家伝来の坂本龍馬書状13通のうちの1通です。

かしこみ1

慶応2年(1866)12月に龍馬が伊藤九三に送ったもの。下関から長崎に向かう高知藩士溝淵広之丞が乗る船の手配を依頼しています。
さらに、龍馬は、自分が金欠なので船代の一部を負担してほしいと九三に頼み込んでいます。
文末では、「かしこみかしこみて申候(恐れながら恐れながら申し上げます)」と、ややお茶目に懇願しています。龍馬と九三との親密な間柄がうかがえます。
かしこみ2
こういったユーモアある言い回しやたとえ話など、多彩な表現が龍馬の書状の魅力の1つです。
ぜひ、この機会に直接ごらんください。
かしこみかしこみておねがいします。

Contents menu

RSS Category

下関市立歴史博物館専用アプリ

下関市立歴史博物館公式アプリ(無料)
ページ最上部へ