ブログ blog page

東行記念館常設企画展「晋作の流儀」の開催

2020-05-24 (Sun) 15:34

みなさまこんにちは!
東行記念館では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため臨時休館しておりましたが、5月26日(火)から開館いたします。併せて、3月24日(火)から6月21日(日)まで予定しておりました常設企画展「晋作の流儀」を下記の会期で開催することになりました。

会  期  5月26日(火)~7月19日(日)

開館時間  午前9時30分から午後5時まで(※最終入館は午後4時30分まで)

※詳細は東行記念館のページをご覧ください。

本展では、長州の行く末を思い、行動し続けた晋作の生涯に迫ります。毛利家に忠義を尽くすことを信念とし、最後まで萩藩士として生きつつも、自分らしく生きた晋作の流儀をご覧いただければ幸いです。

回復私議

上の写真は、目玉資料の一つ『回復私議』です。萩藩の内訌戦が一段落した慶応元年(1865)2月頃、晋作が今後の藩政方針を示した論策で、晋作がどのような政治的、軍事的構想を持っていたのか知ることができます。また、「序(前書き)」の部分では、「国之大艱難」の今、国のために心を尽くして毛利家の忠臣となりたいと述べられており、萩藩主父子や萩藩への忠誠心が晋作の行動の支えとなっていたものと推察されます。

その他、吉田松陰や久坂玄瑞の直筆資料も展示中です。みなさまのご来館をお待ちしております!
 

Contents menu

RSS Category

下関市立歴史博物館専用アプリ

下関市立歴史博物館公式アプリ(無料)
ページ最上部へ