ブログ blog page

「源平の合戦と下関」展示解説(1)

2019-06-09 (Sun) 15:31
本日、企画展「源平合戦と下関」の1回目の展示解説を実施しました。
源平展示解説(1)
午前・午後の2回合計で、約60名のお客様にご参加いただきました。
次回の展示解説は、7月7日(日)で、今回同様午前10時30分~11時30分と午後2時~3時の2回実施予定です。
ぜひご来館ください!

また、6月23日(日)の午前10時30分~11時30分には、ミニ講座を開催いたします。
内容は、本企画展の概要や、展示に盛り込めなかった源平エピソードを紹介するほか、資料の見どころなどもお話しする予定です。
予約は不要ですが、資料代300円が必要となりますので、ご注意ください。
 

Trackback

Trackback URI:

Contents menu

RSS Category

常設展示

海峡に育まれた下関の歴史と文化-海峡の歴史に未来が見える「下関海峡」は、瀬戸内海、東シナ海、日本海への海の道が交わり、山陽道、赤間関街道、長崎街道などの陸の道を結ぶ十字路でした。この十字路には国内外の各地から集散した人・モノ・情報が交錯し、「海峡」は新たな文化と次代を創出し、時代が転換する契機となった舞台でもあります。「海峡」は歴史と文化の十字路であり、現代下関は「海峡」の賜であるといえます。
ページ最上部へ