ブログ blog page

歴史講座&展示解説を開催しました!

2019-03-16 (Sat) 11:52
春の暖かさが待ち遠しい今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
さて、本日“たなか~る先生”こと、当館の田中洋一学芸員による歴史講座と展示解説を開催いたしました。

H31-3歴史講座H31-3展示解説

朝からぐずついたお天気となりましたが、約60名のお客様にご参加いただき、維新150年の振り返りとして幕末維新期の下関についてお話ししました。
また、歴史講座後の展示解説では、常設展示室の展示品のなかから、荻野流一貫目青銅砲についてじっくりと解説しました。

なお、来年度は今回のような“たなか~る先生”による歴史講座・展示解説を4回にわたって開催する予定です。

第1回目は、6月15日(土)に「坂本龍馬の手紙―東奔西走の記録を読む」
第2回目は、9月21日(土)に「紀行文にみる下関―旅人の目に映った下関」
第3回目は、12月21日(土)に「毛利家の手紙―長文に込められた思い」
第4回目は、2020年3月21日(土)に「関門海峡の歴史―歴史と文化の十字路」

いずれも第3土曜日の午前10時開始で、1時間程度歴史講座を行った後、30分程度展示解説を行う予定です。
予約は不要ですが、歴史講座の資料代として“300円”、展示解説をお聞きになる場合は“常設展示観覧料”が必要となりますので、ご注意ください。
詳しくは、常設展示のページをご覧ください。

このほか、今年度と同様、来年度も企画展・特別展では各担当学芸員によるミニ講座などを開催する予定です。
来年度からは、企画展・特別展のミニ講座についても“資料代”が必要になりますので、各展示のチラシ・ポスターや、ホームページの展示案内などをご覧ください。

最後に、現在開催中の企画展「長門国府から長府へ―城下町成立前史」の2回目のミニ講座についてお知らせします。
来週の3月23日(土)の午前10時30分から、「古代~中世の長府と寺社」と題して、忌宮神社や国分寺などの神社やお寺の遷り変りについてご紹介します(今回のミニ講座までは、“無料”でお聞きいただけます)。

そろそろ桜も咲き始めるのではないかと思いますので、ぜひ桜の様子見がてら博物館までご来館ください。


 

Trackback

Trackback URI:

Contents menu

RSS Category

情報検索サービス(下関市立歴...

​博物館が収蔵する資料の情報を検索することができます。また、市内各施設の情報、イベント、見所などの基本情報を閲覧することもできます。地域学習やまち歩きにご利用ください。なお、館内のみの利用となるため、閲覧できるパソコンに限りがありますので、譲り合ってご利用ください。
ページ最上部へ