ブログ blog page

企画展見どころ紹介

2020-07-02 (Thu) 11:38
みなさんこんにちは
現在開催中の企画展「志士たちが遺したことば」の見どころ紹介
今日は「09 伊藤博文書状」です

伊藤書状

伊藤博文が、下関の町医者である國香氏に送った書状。体調不良を感じたので、就寝前に服用するための「ドーフル」を頼んでいます。
「ドーフル」は、鎮痛・鎮咳作用などがある薬です。
國香家文書には、ほかにも伊藤が國香氏に「ヒマシ油」を頼んだ書状も収められています。「ヒマシ油」は、下剤などとして使われるようです。

國香家は江戸時代中頃から下関で町医者を営んだ家です。幕末の当主國香萬里(くにかばんり)は、奇兵隊付の医者としても活動し、幕末志士たちとも幅広く交遊しました。國香家文書のなかには、伊藤の他にも、山縣有朋など志士たちの書状が数多く伝えられています。

東奔西走する志士たちの活躍の裏には、彼らを健康面でサポートする医者の存在があったのでしょう。
何事も健康第一です。
 

Contents menu

RSS Category

企画展スケジュール

令和2­年度特別展示・企画展示スケジュール特別展示展示名称会期(予定)海峡に魅せられた幕末の英傑令和3­年3­月1­9­日~令和3­年5­月1­6­日・前期3­月1­9­日から4­月1­8­日まで・後期4­月2­0­日から5­月1­6­日まで※特別展示の観覧料は、別に定めます。※展示名称は仮称であり、会期は予定であるため、変更する場合がございます。企画展示展示名称会期(予定)志士たちが遺したことば令和2­年5­月2­6­日~令和2­年8­月3­0­日中・近世の対外関係-国際都市下関の軌跡-令和2­年9­月5­日~令和2­年1­0­月2­5­日日本遺産「関門❝ノスタ.­.­.­
ページ最上部へ