ブログ blog page

長府藩家老細川家

2018-03-18 (Sun) 14:36
いよいよ3月も後半に差し掛かり、満開の桜が楽しみになってきました。
お花見で長府にお越しの際には、ぜひ博物館にお立ち寄りください。

さて、本日は、現在常設展示室内に設けている、ミニコーナーについてご紹介します。

皆様は、「細川」という名前を聞いて、何を連想されますか?
俳優や歌手を連想される方がいらっしゃるでしょうし、江戸時代の熊本藩主細川家を思いつかれる方もおられるでしょう。
実は、江戸時代に下関を治めた長府藩の筆頭家老は、熊本藩主の遠い親戚にあたる、細川という家なのです。

長府藩家老の細川家は、室町幕府の管領(かんれい、将軍に次ぐ幕府のNo2)を務めた細川家の庶流にあたる野州家(やしゅうけ)の流れをくみます。
戦国時代に毛利氏に従った細川元通(もとみち)は、長府藩初代藩主毛利秀元の姉と結婚した縁で、関ヶ原の合戦ののちに下関市の川棚に移り住みました。
彼の子孫が、禄高2,500石の長府藩筆頭家老として、藩政に重きをなすことになるのです。

現在、常設展示室では、長府藩家老細川家の系図や、小早川隆景が細川家に宛てた手紙などを展示しています。
これまであまり展示する機会のなかった資料もありますので、ぜひご来館ください。

家老細川
 

Trackback

Trackback URI:

Contents menu

RSS Category

購入方法

図録等刊行物の郵送販売を承っております。下記の申込書をダウンロードしていただき、ご記入の上、購入刊行物の合計金額分の現金書留とともに下関市立歴史博物館宛までお送りください。お申込みいただいた刊行物は、送料着払いで送付いたします。※下記の申し込み書をダウンロードしてください。(1­)図録等刊行物購入申込書(p­d­f­)(2­)図録等刊行物購入申込書(w­o­r­d­)問い合わせ・申込先〒7­5­2­-­0­9­7­9­山口県下関市長府川端二丁目2­番2­7­号下関市立歴史博物館t­e­l­:0­8­3­-­2­4­1­-­1­0­8­0­f­a­x­:0­8­3­-­2­4­5­-­3­3­1­0­
ページ最上部へ